養育費と生活保護をもらう場合

養育費と生活保護をもらう場合

基本的に生活保護は、補充性の原則がありどうしても足りないときに援助が受けられるという仕組みになっています。従って、一義的にはお父さんから養育費を支払ってもらい、これが収入認定されることになります。 養育費を加えても生活保護の基準を満たす場合は生活保護を受けることができます。

養育費が不払いの時は相談を

もっとも養育費の不払いはめずらしいことではありません。その他、児童手当などの公的給付を除いても、生活保護の水準を満たす場合については生活保護を受けられるものと考えます。この点は、各役所の対応によって異なる点があるかもしれませんが、受給を断られたなどの場合は一度ご相談ください。

依頼者様の想いを受け止め、
全力で取り組み、
問題解決へ導きます。

の離婚弁護士

初回60
無料相談受付中

052-756-3955 受付時間 月曜~土曜 9:00~18:00

メールでのお申込み

  • 初回相談無料
  • LINE問い合わせ可能
  • 夜間・土日対応
  • アフターケアサービス

離婚問題の解決の最後の最後まで、どんなご不安・ご不満も名古屋駅ヒラソルの離婚弁護士にお任せください。