弁護士費用について

ヒラソル法律事務所では、離婚を思い立たれてから離婚が成立するまでの
どのプロセスからもご依頼いただけますので、お気軽にご相談ください。
人生の大切なときに寄り添いたいというヒラソルの理念に基づき、様々な案件を受け付けております。
お見積もりを出すことも可能ですので、お気軽にお問い合わせください。
まずはお気軽に初回60分無料のご相談よりお申込みください。

60分無料相談はこちら

弁護士に任せたい自分で進めていきたい
法律相談初回相談60分無償初回相談60分無償
示談交渉+協議離婚サポーター
+協議書作成サポーター
+協議離婚サポーター
+協議書作成サポーター
+調停バックアッププラン
調停段階+調停離婚サポーター
訴訟段階+訴訟サポーター
離婚後+アフターケアサービス+アフターケアサービス

協議離婚サポーター
着手金 220,000円(税込)~

弁護士がお客様の代理人として、相手方と交渉を行います。交渉の進め方(内容、時期、立会の有無など)については、お客様のご要望をお聞きして、できる限りご希望に沿うよう進めていきます。また、相手方と合意ができた場合、離婚協議書の作成(公正証書も可)、離婚届提出のサポートなどもさせていただきます。

初回相談60分無料
着手金220,000円(税込)
報酬金330,000円(税込)+ 経済的利益の10%

着手金とは

最初の費用で案件に取り組む際に依頼者様よりいただく費用のことです。着手することの対価となります。
当事務所では、婚姻費用調停、養育費調停、面会交流調停の申立(ただし、あまりに紛争性の大きい面会交流案件は除きます。※審判まで見込まれるものをいいます。)には別途の費用をいただいておりません。また、離婚案件の調停では審判に移行しても追加料金をいただいておりません。

報酬金とは

問題解決に取り組み成果が生じたときに発生する費用のことです。
養育費、婚姻費用、慰藉料、財産分与等の経済的利益を得たときは、経済的利益の種類と成果に応じて、当事務所の民事事件の基準表を目安に報酬金がかかることがあります。ただし、当事務所では養育費と調停等成立時以降の婚姻費用は経済的利益になりません。

調停離婚サポーター
着手金 220,000円(税込)~

弁護士がお客様の代理人となって、離婚調停を進めさせていただきます。調停の申立て、調停への出席、提出書類や証拠の準備、調停外での相手方との交渉など、離婚調停成立に向けてのあらゆる活動をさせていただきます。

初回相談60分無料
着手金220,000円(税込)
報酬金330,000円(税込)+ 経済的利益の10%

訴訟サポーター
着手金 330,000円(税込)~

離婚調停が不成立となった場合に、弁護士がお客様の代理人となって離婚訴訟を進めさせていただきます。訴訟の提起、訴訟への出席、提出書類や証拠の準備、訴訟外での相手方との交渉など、離婚訴訟を有利に進めるためのあらゆる活動をさせていただきます。

初回相談60分無料
着手金330,000円(税込)
報酬金440,000円(税込)+ 経済的利益の10%

ヒラソルでは、協議・調停サポーターからご依頼いただいている方がほとんどですので,この場合は,着手金33万円から22万円をお値引きさせていただき,着手金は金11万円となります。

アフターケアサービス
費用 33,000円(税込)~

離婚後の年金分割の審判手続きや、子の氏の変更手続を行います。

01.年金分割の審判手続、もしくは子の氏の変更手続

費用33,000円(税込)

別途実費を頂きます。

02.年金分割の審判手続、および子の氏の変更手続

費用55,000円(税込)

別途実費を頂きます。

バックアッププラン
費用 55,000円(税込)~

弁護士と相談者様との顧問契約です。代理人にはなりませんが、時間無制限で、面談、電話などで法律相談や戦略についての相談ができます。特に東京、大阪、京都、福岡など遠方にお住まいで、アドバイスを中心に欲しいという場合は、変な行政書士のアドバイスよりも、家庭裁判所代理権を唯一持つ法律の専門家である弁護士と戦略や戦術を話し合うことが有益です。

費用3ヶ月55,000円(税込)
1ヶ月延長するごとに16,500円(税込)

不貞慰謝料請求

01.不倫慰謝料請求された方

相談料0円
リーズナブルな着手金100,000円(税込110,000円)
安心の返金保証不倫慰謝料の経済的利益が交渉着手金100,000円(税込110,000円)を下回る場合には差額金額を返還致します。
報酬金受けた経済的利益の17.6%

当事務所は不貞慰謝料の減額交渉に自信を持っておりますので、交渉着手金以上の減額をお約束します。

着手金 100,000円(税込110,000円)※ただし訴訟移行時には165,000円(税込181,500円)

弁護士の仕事が終ったときの費用 受けた経済的利益の17.6%

※例えば、210万の減額した金額を経済的利益とすると336,000円(税込369,600円)となります。

 

02.不倫慰謝料請求したい方

相談料0円
リーズナブルな着手金100,000円(税込110,000円)
報酬金受けた経済的利益の17.6%

着手金 100,000円(税込110,000円)※ただし訴訟移行時には165,000円(税込181,500円)

弁護士の仕事が終ったときの費用 受けた経済的利益の17.6%※ただし110,000円(税込)は下回れないものとします。

※例えば、210万の獲得した金額を経済的利益とすると336,000円(税込369,600円)となります。

預かり金 実費は依頼者のご負担となります(例:印紙代)。