女性の離婚相談

女性が離婚を考えるとき、やはり大きな壁となるのが、離婚後に自ら生計を立てていけるかどうかです。現在専業主婦の場合や、また、子供の親権でもめている場合などはさらに、条件が厳しくなるといえます。
それでも、夫が不倫している場合や、DV・モラハラを受けていてどうしても離婚したいというなら、できるだけ感情的にならずにしっかりと離婚後の生活を安定的に送るための準備を整えることが重要です。

離婚する際の注意点

離婚の際には、慰謝料や財産分与、養育費などのお金のこと、親権や面会交渉権などの子どものことなど、決めなければならないことがたくさんあります。また、これらを決める際に夫と折り合いがつかなければ、法的な手続きも多く発生します。離婚を有利な条件で進めるためにも、離婚手続きはじめる前に、ある程度の法律知識を持っておくことが重要です。
夫婦に未成年の子どもがいる場合、親権者を定めなければ離婚することはできません。そのため、どちらが親権をとるかについては、離婚の際にしっかりと話し合っておく必要があります。
慰謝料や財産分与、養育費などそのほかの問題に関しては、離婚後に改めて取り決めを行うこともできますが、一度離婚してしまうと相手が話し合いに応じない可能性も高くなるため、離婚時に発生する問題は可能な限り離婚前に解決しておくことが重要です。

  1. 01.個人の貯蓄をチェックする

    離婚後や別居期間中に住む場所の家賃や、当面の生活費くらいは手元に持っておく必要があります。自由に引き出せる自分名義の口座にどれくらいの貯金があるのかを確認し、なければ生活費を工面して、少しずつ離婚準備金を貯めていくようにしましょう。

  2. 02.離婚後の住まいを探す

    離婚より先に別居することになった場合、妻のほうから離婚を切り出すとすれば、妻が家を出て行く可能性が高くなるでしょう。その場合、離婚後の住まいにある程度のめどをつけておくと安心です。

  3. 03.離婚後の就職先を探す

    専業主婦である方や、子供の親権者になりたいと考えている方は、離婚後の生活の安定のため、離婚後の就職先にもある程度めどをつけておかなければなりません。働いている方の場合も、現在の収入だけで生活費をまかなっていくことが厳しい場合は、転職などを考える必要があるでしょう。
    また、子どもと一緒に暮らしたい場合は、自分が働いている間の子どもの預け先も考慮にいれておかなければなりません。離婚後の住まいの近くに保育園などがないかチェックし、可能であれば自分が働いている間だけ子どもの面倒を見てもらえないか、実家に相談することも検討してみましょう。

  4. 04.離婚後にもらえるお金を考える

    離婚後に夫からもらえるお金は、当面の間の生活費に充てられます。離婚後に夫に請求できる主に、慰謝料、財産分与、養育費、婚姻費用などがあります。
    慰謝料とは、離婚の原因となった夫の不倫やDVなどで受けた精神的苦痛に対し請求できるお金のことです。相場は、数十万円から300万円ほどといわれていますが、慰謝料額を決めるのに明確な基準などはなく、案件によって様々です。
    財産分与は、夫婦が婚姻生活中に築いた共有財産をそれぞれに分配することです。夫名義の口座にある預貯金や夫が働いて得た収入であっても、婚姻後に築いた財産であれば共有財産と認められます。
    養育費は、子供の生活の安定を図るために支払うべきお金です。
    婚姻費用は婚姻生活にかかるもろもろの費用のことをいいます。婚姻費用は離婚後にもらえるお金ではありませんが、離婚に先だって別居する場合、自分の収入よりも夫の収入のほうが多かったり、子どもを連れて別所をしている場合であれば、別居中の生活費として婚姻費用を支払ってもらうことが可能です。

  5. 05.感情的にならず冷静に考える

    代表的な離婚原因のひとつが相手方の浮気や不倫(不貞行為)ですが、不倫の事実を知った途端、感情的になって相手を問い詰めるのは得策ではありません。夫が不倫していることを知ってしまったとき、精神的なダメージは非常に大きなものになるでしょうが、ひとまずその気持ちはそっと心にしまって、相手が言い逃れできないような決定的な証拠を集めることが重要です。DVやモラハラが離婚原因の場合も、体に残った傷跡や現場を収めた写真・動画などを持っておくことが重要です。こうした確実な証拠は、離婚調停においても調停委員を味方につける有益な材料となります。

弁護士に依頼するメリット

離婚を考えているといっても、その段階は様々かと思います。当事務所では離婚手続に関する法律的な相談や手続き代行といった法律のプロとしての役割だけでなく、お客様の現状に合わせた相談対応を実施しています。まだ離婚するかどうかお悩みの方や、逆に今すぐにでも離婚したい方、または離婚の準備を進めていて、法律的なサポートを受けたい方など、お客様の様々なご要望にご対応をさせていただきます。
DVやモラハラなどの相談はも経験豊富な当事務所にお任せください。当事務所では、これまでいくつものDV・モラハラのご相談を受け、解決してきました。保護命令の申立ても行っています。DV等でお悩みの方は、遠慮なくご相談下さい。
また、皆様お気になさるのが、周囲に離婚や夫婦のトラブルがばれないか、ということです。その点につきましても、当事務所は、ご近所や職場はもちろん、ご家族にも秘密で手続できるような対応を心がけております。名古屋中心部の法律事務所ならば絶対に離婚や法律事務所への出入りは分かりませんし、情報は親族にも非公開にすることができます(申出をしてください)。
また、何よりも女性側に立ったアドバイスを心がけております。男性の弁護士だと女性の気持ちを汲み取ってもらえず、夫の味方をしてしまい、思い通りの解決をできないとお考えの方もいらっしゃるかもしれません。しかし当事務所では、女性の相談者の方が多く、多くの女性の方のご意見やご要望を頂戴したこともあり、女性の視点にたった場合の離婚に関する充実したサービスを提供させていただきます。ご安心のうえ、ぜひお気軽にご相談ください。

他のよくあるご相談

依頼者様の想いを受け止め、
全力で取り組み、
問題解決へ導きます。

の離婚弁護士

初回60
無料相談受付中

052-756-3955 受付時間 月曜~土曜 9:00~18:00

メールでのお申込み

  • 初回相談無料
  • LINE問い合わせ可能
  • 夜間・土日対応
  • アフターケアサービス

離婚問題の解決の最後の最後まで、どんなご不安・ご不満も名古屋駅ヒラソルの離婚弁護士にお任せください。