離婚弁護士への相談を
ためらう理由はありません

HOME > 離婚に関するワンポイントアドバイス > 離婚後の公的支援について

離婚後の公的支援について

離婚や死別で父親がいなくなった母子家庭に対してはさまざまな福祉事業があります。

この点、決まった金額の支給、保険料、医療費の減免などがなされています。

児童扶養手当などを利用する

国としては「児童扶養手当」「児童手当」がありますし、多くの地方公共団体では医療費の助成をもうけています。加えて、母子家庭をサポートする独自の制度があります。名古屋市の場合は、ひとり親家庭手当、愛知県の場合は愛知県遺児手当があります。居住している愛知県、名古屋市の福祉課に問い合わせて、自分が利用することのできる制度を上手に利用するようにしましょう。

公的支援は待っていてももらえない

こうした仕組みは特に案内がないこともありますので、自分から申請しないと支給がないこともありますので、必ず確認するようにしましょう。また、離婚後、新しく国民年金、国民健康保険に加入しても保険料が支払えないケースもあるかと思います。この場合は役場に相談して、免除や減額の申請をするようにしましょう。

離婚後の生活でやっておくこと

特に専業主婦だったお母さんは離婚後に仕事を探すことは大変なことです。
また、子育てをしたままだと働ける時間が少ないというハンディがある方もいるかもしれません。

もっとも、可能な限り正社員に就くようにしましょう。正社員であれば厚生年金や健康保険、失業保険など福利厚生が充実しています。児童手当、ひとり親家庭手当、愛知県遺児手当などはいずれ受け取れなくなるものです。従って、離婚後3年を目標に自律する生活設計を考えておくと良いかもしれません。

自分が病気になってしまって働けないなどの状況に陥ることもあります。そういう場合は生活保護申請を検討しましょう。生活保護の申請は地域の福祉事務所に対して行います。申請する際には、給与明細、賃貸契約書、公共料金の納付書、預貯金通帳がチェックされます。本当に困っている場合は、しばらくの間、生活保護に頼るという方法があるということも頭の片隅に置いておきましょう。

離婚の無料相談申し込みへ




相談票を印刷し、ご記入いただいた上でお越しいただくと、ご相談がスムーズに進みます。

■無料相談はお気軽に
(月〜土、9時〜18時,日曜新規のみ13時~17時、土日祝日打合OK【対応は愛知、岐阜、三重のみとさせていただいております。当事務所では、それ以外の方のご依頼は、交通費や弁護士費用などについてご納得いただける方のみご依頼をお受けしております。他県の方は電話相談となりますが、30分5400円となります。】)名古屋市中区丸の内1-14-24ライオンズビル第2丸の内204、桜橋東交差点付近 TEL.052-756-3955

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F




名古屋の不動産・労務・知的財産に強い顧問弁護士・中小企業の法律サポーター


名古屋の地域一番の相続屋さんを目指す遺産分割サポーター


新規起業を応援する弁護士・ドリームゲートアドバイザー 伊藤 勇人(ドリームゲート)

家族問題の法律サポーター

不倫慰謝料法律相談所

B型肝炎被害訴訟の給付金・医療過誤相談所

ハッピーリタイヤサポーター

LGBT トラブル解決サポーター

親子の面会交流相談所