協議離婚の際の注意点

離婚をお考えの方へ―離婚したいとき専門的に離婚に取り組む弁護士へ

 

離婚をお考えの方へ

 

  • 離婚を考えているけれど、決心できない…
  • 相手にどうやって離婚を切り出せばよいか、わからない
  • 妻と離婚したら子ども達に会えなくなるのだろうか?
  • 離婚した後の生活が心配
  • ちゃんと養育費を払ってもらえるか不安
  • 相手が不倫しているので慰謝料を払ってもらいたい!

 

離婚問題を抱えると、大変なストレスがかかります。1人で抱え込み、誰にも相談できなくなってしまう方も少なくありません。

 

そんなときには弁護士に相談してみてください。親身になってお話しをお伺いして、今できる最善の対処方法をお伝えいたします。

 

悩み事を人に打ち明けるだけで、心が楽になるものです。

 

1.離婚問題は大きなストレス要因になる!

家族生活がうまくいっているときには、毎日が平和で気持ちも楽に過ごせるものです。

会社で嫌なことがあったときにも、家族に話して笑いあえれば前向きな気持ちになれるでしょう。

 

しかし、いったん夫婦間に亀裂が入ると、家族生活が「大きなストレス要因」になってしまいます。そんなところから、涙があふれたりやる気を失たってしまったりするケースもあります。

離婚のきっかけは、最初は些細な性格や価値観の相違から始まるかもしれません。

しかし小さなすれ違いも口論や時に暴力などが積み重なれば大きな溝となり、埋められなくなって婚姻生活の破綻につながってしまいます。

 

相手に不信感しかもてなくなれば、もはや家族生活を続けるのは困難となるでしょう。お互いに尊敬の念を持てなくなった場合は弁護士に相談されると良いでしょう。

 

1-1.同居が苦痛になるケースも多い

家族は通常同居しており、毎日のように顔を合わせます。

いったん嫌だと思った相手と一緒に過ごすのは大きな苦痛になるでしょう。

これまでは何とも思わなかった些細な言動や言葉使い、表情すら許せなくなるケースも少なくありません。こうした女性の場合、進行に心が追い付かないというケースがあります。

過去の想い出も、嫌な経験ばかりが思い出されるようになって苦痛を感じます。そうなると、仕事や日常生活のみならず面会交流にも支障が出てしまうでしょう。

 

1-2.別居への不安

相手との関係が悪化すると「別居したい」と考えるのが自然です。しかし別居は思っているほど簡単ではありません。可能であれば、別居にあたり、1)別居すること、2)婚姻費用の定めをすることが必須のように思います。

金銭的な不安

経済的な問題が障害となり、別居を躊躇する方が少なくありません。また、夫婦で住宅ローンを返している場合も、デッドロックとなり別居できないという事例もあります。

特に専業主婦の方などでご自身に収入がないと、「夫と別居したら生活ができなくなってしまう」と不安を感じます。

子どもを連れて家を出なければならないケースでは、その不安はなおさら大きくなるでしょう。

ただし、こうしたご心配も実家との相談や、婚姻費用分担調停を適正に起こすことになり解消することができる場合があります。当事務所には、女性側の婚姻費用分担調停に強い弁護士もいます。是非、ご相談ください。

子どもの問題

夫婦が別居するとき、子どもと生活できるのはどちらか一方のみです。

夫婦の双方が親権を望んでいる場合、別居時にどちらが子どもを連れて行くか(または相手に1人で出ていってもらえるか)が大きな問題となるケースが多々あります。

子どもの取り合いが大きな争いとなり、連れ去り事件などに発展するケースも少なくありません。もっとも、現在の裁判実務は連れ去った後の監護状況が安定していれば、問題がないというようになる可能性もあります。一度、弁護士にきちんと説明しましょう。

 

1-3.お金の問題

離婚するなら、お金のことも考えておかねばなりません。

たとえば専業主婦など収入がない方や低い方は、離婚後に生活できるかどうか不安を感じるでしょう。

未成年の子どもがいれば相手から養育費を受け取れますが、子どもがいなければ自分で働くなどして自活しなければなりません。

離婚後に困らないため、財産分与や慰謝料などのお金をきっちり受け取っておくべきといえるでしょう。

 

一方で、財産を支払う側の立場であれば、どの程度の金額を支払うことになるかが問題です。過大な財産分与や慰謝料の支払を求められたときには、適正な金額に抑えなければなりません。また、退職金のように今すぐに、お金が手元にない場合の支払計画をどうするかなどが問題となります。

ご自身では、適正な財産分与や慰謝料額を算定するのが難しいケースも多々あります。

 

2.離婚で悩んだら離婚に専門的に取り組む弁護士へ相談を

離婚を検討するとき、「どのように進めたらよいかわからない」方がとても多いのが現状です。

  • そもそも相手にどう切り出せばよいかわからない
  • 不倫の証拠の集め方がわからない
  • 相手が離婚に応じてくれないが、どうすればよいのか?
  • 1人で離婚調停をするのは不安
  • 誰に相談してよいかわからない

このようなときには、弁護士に相談してみてください。探偵などへの事実調べなどへのアドバイスを受けられる可能性もあります。

弁護士であれば、ご本人の状況に応じた最善のアドバイスが可能です。当事務所の弁護士は、複数のライセンスをもっており、法知識を有機的に結合したアドバイスを可能とします。

相手との協議離婚の交渉を弁護士に任せることもできます。ご自身で交渉するより弁護士に依頼した方が、スムーズに解決できるケースも少なくありません。

 

また弁護士に相談すれば、法的に妥当とされる離婚条件を実現しやすくなります。

養育費にも法的な基準がありますし、財産分与も法的なルールに従って取り決めれば不利益を受ける可能性は低下するでしょう。

慰謝料についても適正な相場がありますし、万一裁判になったとしても勝てるだけの証拠を集めておけば、安心して交渉を進められます。

 

離婚調停は弁護士へ依頼すべき

協議をしても合意できない場合には、家庭裁判所で離婚調停をしなければなりません。

このとき「調停なら自分でもできる」と考えて、弁護士に依頼されない方がおられます。

 

しかし離婚は調停段階から弁護士をつけておくべきと考えています。

自分たちだけで調停を進めると、解決できるものも解決できなくなってしまうケースが多く、また不利になってしまう可能性が高くなるためです。

 

当事務所にご相談される方でも、自分で調停を行って不成立になってから訴訟を依頼されるケースがあります。そんなとき、現在までの経緯を伺うと「調停段階から弁護士をつけておけば、不成立にならずに話し合いで解決できたのでは?」と考えられることが少なくありません。

 

親権争いのある事案では、調停段階からご依頼いただいていればもう少し有利になったであろうけれど、調停をこじらせてしまったがために親権獲得が困難となってしまうケースもよくあります。

 

離婚調停を検討されているなら、一度お早めに弁護士までご相談ください。

 

3.名古屋ヒラソル法律事務所は離婚するあなたを応援します

「離婚したい」と思っても、なかなか周囲の理解を得られない方が多数おられます。

たとえば夫からモラハラ行為を受けていても、友人や親族には理解してもらえないケース。モラハラ傾向のある方は、世間体が良い傾向もあるため、こういったご相談はよくあります。昔、「法テラスの弁護士が不親切」ということで、ご依頼を受けたことがありましたが、家族法の弁護士としてプライドをもって処理いたします。

 

小さい子どもがいれば、実家の両親などから「子どものためにも離婚を思いとどまるように」と言われてしまう方もおられます。ただ父母が不仲であれば、離婚してしまった方が子どもの心の安定につながるケースも多いのが現実です。無理矢理夫婦生活を続けることが子どものためになるとは限りません。そのような「こどもの最善の利益」からのアドバイスもさせていただきます。

 

不倫されていても周囲からは「思い込みじゃないのか」「そのくらい、許してあげるべきではないか」などと言われるケースもあるでしょう。これは、本人調停の場合、調停委員から聴くことがあります。特に岐阜県などでは、よく勉強をしていない調停委員が、算定表も知らずに、「いくら出せるのか」とか「許してあげろ」など余りに理不尽な要求をして辞任要求をしたことがありました。案件は、管轄のない裁判所に移送され、調停委員の不当さが分かりましたが、弁護士の調停委員ですら離婚には詳しくない実情があります。

 

周囲の方は、親も含めて「離婚する本人」ではありません。結局は他人事なので、無責任な発言をしてしまう方もおられます。

自分のことは自分で決めなければなりません。そのためには、法律の正しい知識をもって、自分や子どもの権利を守る必要があります。

 

離婚問題は名古屋ヒラソルまでお任せください

当事務所は、設立以来離婚問題・子の親権問題・財産分与問題に熱心に取り組んで参りました。これらに専門的に取り組む事務所です。

離婚で悩む方に寄り添い、「納得できる最善の解決」を目指します。子どものことも別居のこともお金のことも、何でも話してみてください。

 

離婚調停からご依頼されて引き続き離婚訴訟となった場合、訴訟の料金が大幅に割り引かれるよう費用を設定しています。「とりあえず調停は自分でやってみよう」ではなく、気軽に弁護士を頼りましょう。今般、都会では、離婚の場合は法律家に依頼するのが一般的になっているとさえいえるでしょう。

 

また離婚のご相談は初回60分まで無料とさせていただいています。1人で抱え込まず、まずは一度ご相談ください。

 

  • 離婚を考えているけれど、決心できない…
  • 相手にどうやって離婚を切り出せばよいか、わからない
  • 妻と離婚したら子ども達に会えなくなるのだろうか?
  • 離婚した後の生活が心配
  • ちゃんと養育費を払ってもらえるか不安
  • 相手が不倫しているので慰謝料を払ってもらいたい!

 

離婚問題を抱えると、大変なストレスがかかります。1人で抱え込み、誰にも相談できなくなってしまう方も少なくありません。

 

そんなときには弁護士に相談してみてください。親身になってお話しをお伺いして、今できる最善の対処方法をお伝えいたします。

 

悩み事を人に打ち明けるだけで、心が楽になるものです。

 

1.離婚問題は大きなストレス要因になる!

家族生活がうまくいっているときには、毎日が平和で気持ちも楽に過ごせるものです。

会社で嫌なことがあったときにも、家族に話して笑いあえれば前向きな気持ちになれるでしょう。

 

しかし、いったん夫婦間に亀裂が入ると、家族生活が「大きなストレス要因」になってしまいます。そんなところから、涙があふれたりやる気を失たってしまったりするケースもあります。

離婚のきっかけは、最初は些細な性格や価値観の相違から始まるかもしれません。

しかし小さなすれ違いも口論や時に暴力などが積み重なれば大きな溝となり、埋められなくなって婚姻生活の破綻につながってしまいます。

 

相手に不信感しかもてなくなれば、もはや家族生活を続けるのは困難となるでしょう。お互いに尊敬の念を持てなくなった場合は弁護士に相談されると良いでしょう。

 

1-1.同居が苦痛になるケースも多い

家族は通常同居しており、毎日のように顔を合わせます。

いったん嫌だと思った相手と一緒に過ごすのは大きな苦痛になるでしょう。

これまでは何とも思わなかった些細な言動や言葉使い、表情すら許せなくなるケースも少なくありません。こうした女性の場合、進行に心が追い付かないというケースがあります。

過去の想い出も、嫌な経験ばかりが思い出されるようになって苦痛を感じます。そうなると、仕事や日常生活のみならず面会交流にも支障が出てしまうでしょう。

 

1-2.別居への不安

相手との関係が悪化すると「別居したい」と考えるのが自然です。しかし別居は思っているほど簡単ではありません。可能であれば、別居にあたり、1)別居すること、2)婚姻費用の定めをすることが必須のように思います。

金銭的な不安

経済的な問題が障害となり、別居を躊躇する方が少なくありません。また、夫婦で住宅ローンを返している場合も、デッドロックとなり別居できないという事例もあります。

特に専業主婦の方などでご自身に収入がないと、「夫と別居したら生活ができなくなってしまう」と不安を感じます。

子どもを連れて家を出なければならないケースでは、その不安はなおさら大きくなるでしょう。

ただし、こうしたご心配も実家との相談や、婚姻費用分担調停を適正に起こすことになり解消することができる場合があります。当事務所には、女性側の婚姻費用分担調停に強い弁護士もいます。是非、ご相談ください。

子どもの問題

夫婦が別居するとき、子どもと生活できるのはどちらか一方のみです。

夫婦の双方が親権を望んでいる場合、別居時にどちらが子どもを連れて行くか(または相手に1人で出ていってもらえるか)が大きな問題となるケースが多々あります。

子どもの取り合いが大きな争いとなり、連れ去り事件などに発展するケースも少なくありません。もっとも、現在の裁判実務は連れ去った後の監護状況が安定していれば、問題がないというようになる可能性もあります。一度、弁護士にきちんと説明しましょう。

 

1-3.お金の問題

離婚するなら、お金のことも考えておかねばなりません。

たとえば専業主婦など収入がない方や低い方は、離婚後に生活できるかどうか不安を感じるでしょう。

未成年の子どもがいれば相手から養育費を受け取れますが、子どもがいなければ自分で働くなどして自活しなければなりません。

離婚後に困らないため、財産分与や慰謝料などのお金をきっちり受け取っておくべきといえるでしょう。

 

一方で、財産を支払う側の立場であれば、どの程度の金額を支払うことになるかが問題です。過大な財産分与や慰謝料の支払を求められたときには、適正な金額に抑えなければなりません。また、退職金のように今すぐに、お金が手元にない場合の支払計画をどうするかなどが問題となります。

ご自身では、適正な財産分与や慰謝料額を算定するのが難しいケースも多々あります。

 

2.離婚で悩んだら離婚に専門的に取り組む弁護士へ相談を

離婚を検討するとき、「どのように進めたらよいかわからない」方がとても多いのが現状です。

  • そもそも相手にどう切り出せばよいかわからない
  • 不倫の証拠の集め方がわからない
  • 相手が離婚に応じてくれないが、どうすればよいのか?
  • 1人で離婚調停をするのは不安
  • 誰に相談してよいかわからない

このようなときには、弁護士に相談してみてください。探偵などへの事実調べなどへのアドバイスを受けられる可能性もあります。

弁護士であれば、ご本人の状況に応じた最善のアドバイスが可能です。当事務所の弁護士は、複数のライセンスをもっており、法知識を有機的に結合したアドバイスを可能とします。

相手との協議離婚の交渉を弁護士に任せることもできます。ご自身で交渉するより弁護士に依頼した方が、スムーズに解決できるケースも少なくありません。

 

また弁護士に相談すれば、法的に妥当とされる離婚条件を実現しやすくなります。

養育費にも法的な基準がありますし、財産分与も法的なルールに従って取り決めれば不利益を受ける可能性は低下するでしょう。

慰謝料についても適正な相場がありますし、万一裁判になったとしても勝てるだけの証拠を集めておけば、安心して交渉を進められます。

 

離婚調停は弁護士へ依頼すべき

協議をしても合意できない場合には、家庭裁判所で離婚調停をしなければなりません。

このとき「調停なら自分でもできる」と考えて、弁護士に依頼されない方がおられます。

 

しかし離婚は調停段階から弁護士をつけておくべきと考えています。

自分たちだけで調停を進めると、解決できるものも解決できなくなってしまうケースが多く、また不利になってしまう可能性が高くなるためです。

 

当事務所にご相談される方でも、自分で調停を行って不成立になってから訴訟を依頼されるケースがあります。そんなとき、現在までの経緯を伺うと「調停段階から弁護士をつけておけば、不成立にならずに話し合いで解決できたのでは?」と考えられることが少なくありません。

 

親権争いのある事案では、調停段階からご依頼いただいていればもう少し有利になったであろうけれど、調停をこじらせてしまったがために親権獲得が困難となってしまうケースもよくあります。

 

離婚調停を検討されているなら、一度お早めに弁護士までご相談ください。

 

3.名古屋ヒラソル法律事務所は離婚するあなたを応援します

「離婚したい」と思っても、なかなか周囲の理解を得られない方が多数おられます。

たとえば夫からモラハラ行為を受けていても、友人や親族には理解してもらえないケース。モラハラ傾向のある方は、世間体が良い傾向もあるため、こういったご相談はよくあります。昔、「法テラスの弁護士が不親切」ということで、ご依頼を受けたことがありましたが、家族法の弁護士としてプライドをもって処理いたします。

 

小さい子どもがいれば、実家の両親などから「子どものためにも離婚を思いとどまるように」と言われてしまう方もおられます。ただ父母が不仲であれば、離婚してしまった方が子どもの心の安定につながるケースも多いのが現実です。無理矢理夫婦生活を続けることが子どものためになるとは限りません。そのような「こどもの最善の利益」からのアドバイスもさせていただきます。

 

不倫されていても周囲からは「思い込みじゃないのか」「そのくらい、許してあげるべきではないか」などと言われるケースもあるでしょう。これは、本人調停の場合、調停委員から聴くことがあります。特に岐阜県などでは、よく勉強をしていない調停委員が、算定表も知らずに、「いくら出せるのか」とか「許してあげろ」など余りに理不尽な要求をして辞任要求をしたことがありました。案件は、管轄のない裁判所に移送され、調停委員の不当さが分かりましたが、弁護士の調停委員ですら離婚には詳しくない実情があります。

 

周囲の方は、親も含めて「離婚する本人」ではありません。結局は他人事なので、無責任な発言をしてしまう方もおられます。

自分のことは自分で決めなければなりません。そのためには、法律の正しい知識をもって、自分や子どもの権利を守る必要があります。

 

離婚問題は名古屋ヒラソルまでお任せください

当事務所は、設立以来離婚問題・子の親権問題・財産分与問題に熱心に取り組んで参りました。これらに専門的に取り組む事務所です。

離婚で悩む方に寄り添い、「納得できる最善の解決」を目指します。子どものことも別居のこともお金のことも、何でも話してみてください。

 

離婚調停からご依頼されて引き続き離婚訴訟となった場合、訴訟の料金が大幅に割り引かれるよう費用を設定しています。「とりあえず調停は自分でやってみよう」ではなく、気軽に弁護士を頼りましょう。今般、都会では、離婚の場合は法律家に依頼するのが一般的になっているとさえいえるでしょう。

 

また離婚のご相談は初回60分まで無料とさせていただいています。1人で抱え込まず、まずは一度ご相談ください。

離婚の手続き・流れに関するお悩み