養育費

養育費はいつまで支払うのか?

養育費はいつまで払うの?

養育費をいつまで支払うのか、支払を受けられるのかは難しい問題です。 ただし、法律上は成人に達してしまえば子どもは自分で働き生計を立てるのが原則であると割り切っています。従って、お父さんの側が20歳を超えて養育費を支払う意思がないことを明確にしている場合は、法律上もお子さんが20歳の誕生日を迎える月が属する日までしか養育費を受け取ることはできないということになります。

成人になっても払われる養育費

しかし、多くの離婚案件を処理している身からいたしますと、20歳で打ち切りというのは現実的ではないケースも増えてきています。 というのも大学進学率は、現在5割といわれています。そして大学生の本分というのは研究・学習にあり、アルバイトをすることではありません。 そこで子どもが大学を卒業するというところまで養育費の支払いを求める、求められるというケースが多いといえます。法的には大学に通学しているということだけでは自ら生活費を得られることができないとはいえません。 また、大学進学にあたっては、入学金・授業料の負担、ひとり暮らしをする場合はその仕送りをどうするのか、これも広い範囲で養育費の問題といえます。 個人的には、担当したケースはお子さんの大学が決定してから養育費を確定させているという事情があります。

お金に関するお悩み