離婚弁護士への相談を
ためらう理由はありません

HOME > 離婚に関するワンポイントアドバイス > 離婚と戸籍について

離婚と戸籍について

戸籍とは、身分関係を明確にして、婚姻・離婚の届出や旅券の発行を容易にするものとされています。

しかし、多くの法律相談を受けていますと、もともと戸籍とは家族集団の単位をまとめた公文書であったことから「家族の絆」として理解されている方が多いように思います。

離婚の際に戸籍をどうするか?

女性の場合は、結婚で夫の苗字を名乗っている方が多いと思います。離婚によって法律上は原則的に元の氏に戻ることになります。その後2つのパターンがあります。つまり自分の親の戸籍に戻るか、新しい戸籍を作るかということです。

これらは離婚届の記載事項にもなっています。

なお、既に紹介したように子どもを自分の戸籍に入籍させる場合は親子三代戸籍が禁止されていますので、新しい戸籍を作っておくのが良いでしょう

夫の氏を名乗り続ける場合

夫の氏を名乗り続ける場合は、婚氏続称といいますが離婚届で一緒に届けですことができます。もっとも、安易に夫の氏を名乗り続けたものの、老齢期を迎え実家の法事を取り仕切ることが増えるにつれて夫の氏は不便に感じる人も多いようです。

私も、こうした氏の変更申立をしたことがありますが、氏の変更は「やむを得ない事由」がないと認められません。主に、子どもと同じ氏とするためだったが、中学校を卒業した機会、高校を卒業した機会に、元に戻したいとご依頼される例が多いといえます。

ただし、それ以降になってきますと、なかなか社会的に夫の氏で、その人物が特定されるように定着してしまったということで、裁判所は氏の変更に消極的になる傾向があります。こうした事案でもあきらめず、かつ、早急に申出をすることが大事であるといえます。

離婚の無料相談申し込みへ




相談票を印刷し、ご記入いただいた上でお越しいただくと、ご相談がスムーズに進みます。

■無料相談はお気軽に
(月〜土、9時〜18時,日曜新規のみ13時~17時、土日祝日打合OK【対応は愛知、岐阜、三重のみとさせていただいております。当事務所では、それ以外の方のご依頼は、交通費や弁護士費用などについてご納得いただける方のみご依頼をお受けしております。他県の方は電話相談となりますが、30分5400円となります。】)名古屋市中区丸の内1-14-24ライオンズビル第2丸の内204、桜橋東交差点付近 TEL.052-756-3955

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F




名古屋の不動産・労務・知的財産に強い顧問弁護士・中小企業の法律サポーター


名古屋の地域一番の相続屋さんを目指す遺産分割サポーター


新規起業を応援する弁護士・ドリームゲートアドバイザー 伊藤 勇人(ドリームゲート)

家族問題の法律サポーター

不倫慰謝料法律相談所

B型肝炎被害訴訟の給付金・医療過誤相談所

ハッピーリタイヤサポーター

LGBT トラブル解決サポーター

親子の面会交流相談所