再婚

離婚はどれくらい別居が必要か

名古屋の離婚弁護士による離婚相談です。 さて、離婚となると別居期間が話題になることが多いと思います。 長期間の別居であれば、婚姻の破綻・形骸化とみることができる程度であれば、それだけで離婚原因となると考えられています。 別居期間については、同居期間の長さに比例していると考えられます。 別居期間については、5年を目安とする見解、3~4年では認められにくいという見解もあります。 10年を適当する見解もあります。3年に満たないケースでも積極的破綻論者の裁判官は離婚を認める傾向にあります。

熟年離婚に関するお悩み