DV

離婚訴訟は後悔しないように自分の言い分をいいましょう。

 有責配偶者からの離婚請求との関係で別居禁止というルールがあります。離婚訴訟で有責配偶者側の代理人になった場合には特に留意をする必要があります。  同じ人事関係では1回しか裁判を起こすことができないのが原則です。もちろん事情が変化されると別ですが離婚訴訟が棄却されると、しばらくの間、離婚請求は起こすことができません。有責配偶者からの訴訟であって、被害者が棄却を求めても被害者主導では、新たな訴訟をしばらく起こせないということになっています。  何年待たないといけないかは分かりません。有責配偶者から離婚請求を起こしても、場合によっては3年から5年程度、同一身分関係の離婚訴訟が提起ができない可能性があります。  ですから、離婚弁護士の代理人とよく協議して和解ありきではありませんが、慎重に対応する必要があります。当事務所ではこうしたカウンセリングも行っております。離婚訴訟でお困りの方は離婚弁護士の名古屋駅ヒラソル法律事務所にお問い合わせください。

熟年離婚に関するお悩み