DV

ハーグ条約―DVの主張が多い傾向

ハーグ案件では,返還拒否事由となるため,DVの主張が多いとされています。

一般的案件よりも、ハーグ案件の方がDVの主張がこどもの返還につながるといえるので、主戦場になるかもしれません。

もっとも、名古屋家裁にはハーグ案件は担当せず、東京と大阪で集中処理をします。そして案件の数も多くないといわれています。

ただ、一般的なインテークで、「ハーグ案件では、DVの主張が多いといわれます(返還拒否事由となり得るため)」という固定観念も既にあるのだな、と思われました。

熟年離婚に関するお悩み