離婚弁護士への相談を
ためらう理由はありません

HOME > 熟年離婚に関すること > 熟年離婚と有責配偶者の婚姻破綻

名古屋では、別居3年3カ月の夫婦でも、破綻の危機に瀕しているが、うつ病について夫の理解が深まれば婚姻関係が改善することが期待できるとして破綻を否定しました。

これは、名古屋高裁平成20年4月8日ですね。比較的最近の判例です。

平成14年に結婚
平成16年に別居
平成17年に離婚調停
平成18年に離婚裁判
平成19年に離婚控訴審

おそらくこんな時系列なのでしょうね。

結婚して2年ほどですが、その後は継続的に別居し別居期間の方が上回ってしまったというものです。

結構この手の問題でお困りの方も多いでしょうから、要素をみておく必要がありますね。

・嫁から精神的虐待
・夫は無理解
・妻うつ病
・良い嫁、かわいい嫁を意識することがセクハラになるという主張
・夫は婚姻関係修復の意欲はない
・妻だけ強い意欲を持っている。
・姑を排斥した環境ならば修復できるという根拠
・婚姻年に長男が出生(未成熟子あり)
・それまでの経過として大きな不満はなかった。
・妻の言動は、うつ病の影響を受けたもの

という要素です。

特に、産前産後はうつ病になりやすいですし、未成熟子がいること、そこに嫁姑問題の夫の保護義務違反がつながる、特段夫婦生活には円満になったが帰省先から帰宅しなくなった。

しかし、いずれにしても、夫が実家から移動しなかったら、妻の願いはかなわないのですから、あまり無意味ですし、心神喪失ではありませんし行動コントロール能力を失っていたなどというのは、少々失笑を禁じ得ない認定になっているかと思います。

この判例をみると、ポイントは、ある程度深刻なうつ病に罹患していること、未成熟子がいるということですね。

しかし、裁判官によって「うつ病」の評価は分かれるでしょう。うつ病だから重大な侮辱を述べたというケースでは、どのように対応するのでしょうか。それもうつ病だから正当化されるのでしょうか。婚姻破綻の危機に瀕しているのであれば、再び離婚調停が起こされるだけですから,訴訟経済的にも無駄が多いように感じます。これは、別居期間が同居期間を上回っている事案ですから。

婚姻関係破綻の有無については、経験則や社会通念に従って客観的に判断すべきものとされています。判断要素としては、婚姻中における両当事者の行為や態度、婚姻継続の意思の有無、子の有無・状態、さらには双方の年齢、性格、健康状態、経歴、職業、資産状況が考慮されるのだそうです。しかし、これらがプラスの事情かマイナスの事情かはわからず、総合判断も、アドホックなものになってしまっています。そのため、主観的な判断や判断が一定しないのが「婚姻破綻」というものだのです。

離婚の無料相談申し込みへ




相談票を印刷し、ご記入いただいた上でお越しいただくと、ご相談がスムーズに進みます。

■無料相談はお気軽に
(月〜土、9時〜18時,日曜新規のみ13時~17時、土日祝日打合OK【対応は愛知、岐阜、三重のみとさせていただいております。当事務所では、それ以外の方のご依頼は、交通費や弁護士費用などについてご納得いただける方のみご依頼をお受けしております。他県の方は電話相談となりますが、30分5400円となります。】)名古屋市中区丸の内1-14-24ライオンズビル第2丸の内204、桜橋東交差点付近 TEL.052-756-3955

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F




名古屋の不動産・労務・知的財産に強い顧問弁護士・中小企業の法律サポーター


名古屋の地域一番の相続屋さんを目指す遺産分割サポーター


新規起業を応援する弁護士・ドリームゲートアドバイザー 伊藤 勇人(ドリームゲート)

家族問題の法律サポーター

不倫慰謝料法律相談所

B型肝炎被害訴訟の給付金・医療過誤相談所

ハッピーリタイヤサポーター

LGBT トラブル解決サポーター

親子の面会交流相談所