親権に関するお悩み

子どもと会いたい

子どもを置いて別居してしまいましたが、相手が子どもと会わせてくれない場合、どのようにしたら良いのでしょうか。 当事務所は親権、面会交流、養育費にも積極的に取り組む事務所であり,離婚に付随するものとは決して考えていません。それは,親御さんのお子さんに対する愛情の自然な顕れだと考えるからです。 基本的には、別居中の場合でも面会交流の調停を申し立てることができます。 しかし,離婚調停などが背後にあると,なかなか意地悪というところもあり会わせてもらえないということがあります。 子どもと会いたい、という気持ちを実現する方法。 それは調停を起こすことももちろんですし,審判を受けるということもあります。 しかし,当事務所では早期実現を目指して,心を尽くしたサポートを行います。 この点、別居中でも家裁に申立ができることになっていますが、重要であるのは離婚前は面会交流に否定的という考え方があるということです。なぜなら、離婚前は離婚紛争の渦中にあるので、面会を認めたくない他方の意向及び面会を認めない方が子どもの福祉にかなうという考え方があるからと考えられます。 いち早い面会交流のルールが必要であると考えられますが、子に対しては、安定した親子関係が維持できるようにすることが子の福祉、子の利益に適うと考えられます。そのためには、監護親と非監護親との信頼関係が大事といえます。

に関するお悩み