親権に関するお悩み

親権争いから養育計画へ

名古屋市の離婚弁護士のコラムです。 日本では、離婚後は単独親権行使となりますので、親権争いが生じた場合、最終的には裁判所が判断することになります。 基本的には、主たる監護者、監護の安定性、子の意向(場合によっては面会交流の寛容性)を軸に決められています。 このため父母はいずれも自分が親権者になるため監護能力の優劣を争ったり、相手方の人格攻撃に終始したりしています。 そして監護実績をつくるためこどもとの同居を確保し、別居親には会わせない、実力行使で連れ去るということが起きています。 親権争いの前に、法律というのは「評論家」にすぎないのだなと思わされます。 その結果、親権に争いがあるため、法的論点のすべてで熾烈な争いが生じることになります。 しかしながら,子の利益を最優先に考えるとき、これらの事態を回避することが重要ではないかと思われる。 つまり、離婚後の親子関係を中心とした養育計画の策定というものが重要になっています。 最も重要なことは、離婚問題に直面する子の増加傾向を問題視する中で父母双方が離婚後の子の養育について合意している場合には、 離婚後の環境にこどもが順応しやすくなります。また、別居親との情緒的な結びつきも維持することができます。 このことから、子の福祉の観点からこれらを整備することが親の責務であると解され、裁判官と共同するよう活動するのがドイツの運用である。 ドイツの目標は明晰であり、①別居や離婚における親子関係の維持、②親責任の強化、③早期の合意調整に基づく紛争の鎮静化である。 養育計画は双方が出し合えば良いということになると思われるが、別居親との情緒的結びつきの保持のためにどちらが優れた養育計画を提出できるか、今後、裁判所が注目するようになれば良いと

に関するお悩み