離婚の手続き・流れ

『夫と離婚するかどうかで悩んでいます。どうしたら良いでしょうか。』

『夫と離婚するかどうかで悩んでいます。どうしたら良いでしょうか。』

1人で悩んでいても精神衛生上良いことはありません。あなたが何を悩んでいるのか、離婚するしかないのか、両親や友人に相談できるのであれば相談してください。他人に言いにくいことは、離婚弁護士などの士業等に相談するのが良いでしょう。

 

  1.  夫婦のことは、夫婦にしかわからないことも多く、当事者が悩んでいることが離婚をしなければいけない程に深刻なものなのか、そうだとしたらどうしたらよいか、などは1人で悩んでいてもすぐに良い答えが見つかるものではありません。

 両親や友人に相談して意見を聞いてみると、気持ちの整理もでき、何か解決のヒントが見つかるかもしれません。

  1.  ただ、夫婦のことで他人に言いにくいこともあると思います。また、両親や友人も必ずしも知識や経験があるわけではなく、当事者の悩みをわかってもらえるとは限りません。そのときは弁護士などの士業に相談すると良いでしょう。

 例えば、全国各地の家庭裁判所あるいは家庭裁判所支部などでは、家事手続案内を行っています。家事手続案内では、当事者が悩んでいることを解決するのにふさわしい手続を提案してもらえます。また、必ずしもその悩みが法的手続きになじまない問題であれば、行政機関などそれぞれふさわしい相談窓口を紹介してもらえるはずです。

 また、全国各地の弁護士会や法テラスでは法律相談をしています。弁護士に相談するのは離婚が現実味を帯びでためらわれるかもしれませんが、そんなことはありません。気軽に相談してみて下さい。悩みを解決するためのヒントが得られるかもしれません。名古屋駅ヒラソル法律事務所にもご相談ください。

  1.  さらに、問題が深刻化していて、相手が話し合いにも応じてくれないなどの場合には、自分から家庭裁判所に「夫婦関係円満調整の調停」を申し立てることもできます。

 調停では、ある程度の人生経験と一般知識を有する調停委員が、夫婦それぞれから別々に事情を聞き取り、夫婦関係の修復などのためにふさわしいアドバイスをするなどして夫婦関係の問題の解決のために力になってくれる制度です。

 ただし、調停は、1人では直接相手と面と向かって話しをすることができないという夫婦のために、話し合いの場を提供するものです。そのため、相手が裁判所に来なければ、話し合いをすることはできず、問題解決とはなりません。しかし、相手が裁判所に来ない場合でも、調停委員が、片方の話の聞き取りを行い、何かしらの提案をしてくれることもあります。

 調停の手続自体は難しいものではなく、当事者自身でも十分に申し立てられますので、選択肢の1つとして考えてみて下さい。

 このまま一緒にいたらいつか離婚だろうな、と思うような原因があるときは、早めの予防手段とする考え方もあります。

に関するお悩み