お金に関するお悩み

夫名義の財産の持ち出し

夫名義の財産の持ち出し

 

別居直前に、妻が夫の預金口座から500万円を引き出していることが分かりました。持ち戻しや損害賠償を請求できるのでしょう。

 

この点、確立された見解はありませんが、財産分与の範囲、つまり、別居の際の財産の持ち出しは実質的共有財産の2分の1以下である限り、違法性はなく不法行為に該当しません。

 

1 別居の際の財産の持ち出し

 専業主婦の場合、別居した場合に生活に窮することがあります。そこで夫名義の口座からまとまった金額を引き出すことで、妻と夫の葛藤状態が高まる場合があります。

 さて、実は、この点について争われた裁判例があります。別居の際は、妻が債券2016万円をもちだしたとして夫が損害賠償を請求した事件で、裁判所は、510万円はとくゆう財産であるとして持ち出しに違法性がないとしました。また、特有財産以外について次のように判断しました。

 ・実質的には夫婦の共同財産

 ・婚姻期間中は、夫婦共同で財産を管理するのが通常

 ・離婚に至った場合は財産分与が予定されている

 ・持ち出した財産が将来の財産分与として考える対象を大きく逸脱していないこと。

 ・特段の違法性はなく、不法行為とならない。

 

2 別居の際にしておくべきこと

 別居の際は、「生活費が足りないので、夫名義の預金を下ろしたい」などの持ち出しについて、後で通帳の帰趨をめぐり、トラブルになります。したがって、原則的処理としては、手持ちの現金や自分自身の財産を持ち出すことにして、生活費については、直ちに婚姻費用分担調停を弁護士に依頼する、後日財産分与を請求するために財産分与算定のために、根拠となる通帳・保険証券などのコピーをとっておくなどが妥当です。

に関するお悩み