離婚弁護士への相談を
ためらう理由はありません

HOME > 親権に関すること > 離婚紛争のポイントは子の監護の紛争にシフトしています。

離婚紛争の中心は、「面会交流」「子の引き渡し」にシフト

 

離婚には、離婚の合意のこと、子どものこと、お金のこと-と大きく分けると3つのポイントがあります。

 

かつては「有責配偶者からの離婚請求」を認めたら「踏んだり蹴ったり」になってしまうのではないかなど「離婚の合意」にフォーカスがあてられていました。

 

また、お金のことは、「養育費」「婚姻費用」といった点ですが、裁判所の算定表をベースとしたマトリックスとその前提となる計算式で、審判を見通すこともできないことはなくなりました。

 

そこで、子どものことがクローズアップされています。2011年の民法改正案について、面会交流が明示的に記載されており、またいわゆる子連れ別居がハーグ条約上「子の連れ去り」と評価されていることと、国際法の法秩序遵守との齟齬も目立っている領域といえます。

 

面会交流に関する近時の裁判例や子の奪い合い紛争について、従前と比較して裁判例が異なってきている印象を受けます。

 

従来、どちらかというと監護の継続性を重視し、当事者双方のいずれかが監護者として適確であるのか、比較考量により判断し、監護が違法に開始された場合でも、子の福祉の判断をする際の一事情とされることとは異なり、原状回復を命じる審判例がみられるようになっています。そして、今後はハーグ条約の影響も受け「監護が違法に開始された」ことの射程距離が広がっていくことも考えられるのではないでしょうか。

 

子の引き渡しについては、民事執行法169条の類推適用により、7歳9ヶ月の子につき直接強制が認められています(東京地裁立川支部決定平成21年4月28日家裁月報61巻11号80頁)。統計によりますと、約1年で120件の直接強制が行われ、58件で引き渡しがおこなわれています。

 

現在、子どもの監護をめぐる紛争は「新しい」争点といえます。法の支配による解決を期待し、現在、審判に変化が生じているところでもあり、「お金の専門家」だけでは、離婚に取り組む弁護士としては十分ではなくなってきました。

離婚の無料相談申し込みへ




相談票を印刷し、ご記入いただいた上でお越しいただくと、ご相談がスムーズに進みます。

■無料相談はお気軽に
(月〜土、9時〜18時,日曜新規のみ13時~17時、土日祝日打合OK【対応は愛知、岐阜、三重のみとさせていただいております。当事務所では、それ以外の方のご依頼は、交通費や弁護士費用などについてご納得いただける方のみご依頼をお受けしております。他県の方は電話相談となりますが、30分5400円となります。】)名古屋市中区丸の内1-14-24ライオンズビル第2丸の内204、桜橋東交差点付近 TEL.052-756-3955

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F




名古屋の不動産・労務・知的財産に強い顧問弁護士・中小企業の法律サポーター


名古屋の地域一番の相続屋さんを目指す遺産分割サポーター


新規起業を応援する弁護士・ドリームゲートアドバイザー 伊藤 勇人(ドリームゲート)

家族問題の法律サポーター

不倫慰謝料法律相談所

B型肝炎被害訴訟の給付金・医療過誤相談所

ハッピーリタイヤサポーター

LGBT トラブル解決サポーター

親子の面会交流相談所