離婚弁護士への相談を
ためらう理由はありません

HOME > 親権に関すること > 夫に子どもを奪われた妻の方の対応

 夫婦仲が悪く離婚を考えていましたので子どもを連れて実家に帰りました。ところが、3ヶ月後に夫が保育園から子どもを強引に、自動車に乗せて連れ去ってしまいました。夫は引き渡しを拒んでいます。

 この場合はどうしたらよいのでしょうか。まず最愛の子どもということは、離婚する夫婦では同じ気持ちを持っていますので話し合いがまとまる可能性は低いといえますので直ちに法的手段に移るために弁護士事務所に相談されるべきでしょう。

 まずは家庭裁判所で子の引き渡しを求める申立を行い、同時に仮処分を併せて行うことにより、迅速な審理を求めることになります。家庭裁判所は、調査官により子の福祉の見地から調査命令に基づく調査を行いますが、民事訴訟と比較して迅速に進行しますが、それでも結構時間がかかるという印象です。

 あまりに緊急事態だ、という場合は人身保護手続きを考えなければなりません。実はこの手続き、最高裁の判決により認められる例が非常に狭められており、現実に申立をするケースは少ないかもしれませんが、地裁に人身保護請求の裁判を提起します。これにより審判前の保護処分も進行が早くなる可能性があります。この点、子どもに国選代理人弁護士がつき国選弁護士による調査が行われます。また、手続的な迅速さはトップクラスといえます。

 しかし、人身保護請求は最高裁により、認められるケースが少なくなっており、結果的に審判前の保全処分の申立が現実的な可能性があります。特に審判前の保全処分を無視した場合に人身保護請求を行う可能性があるということです。裁判所により人身保護命令が出され期日が決まります。期日では直ちに判決がなされ、子どもの引き渡しを行うということがあります。しかし、実体要件は、身体の自由が拘束されていること、つまり逮捕・監禁されていること、拘禁の態様といったところです。したがって、人権が著しく侵害されている場合に限られていますので、この要件を満たす場合は、虐待親などの場合やネグレクトがある、子の意思に著しく反し環境も劣悪といった場合に限られますので、なかなか利用できる場合が限られるかもしれません。

 しかし、子に餓死など、緊急の必要性が高い場合は、直ちに弁護士を代理人にして人身保護請求を行うべきです。

離婚の無料相談申し込みへ




相談票を印刷し、ご記入いただいた上でお越しいただくと、ご相談がスムーズに進みます。

■無料相談はお気軽に
(月〜土、9時〜18時,日曜新規のみ13時~17時、土日祝日打合OK【対応は愛知、岐阜、三重のみとさせていただいております。当事務所では、それ以外の方のご依頼は、交通費や弁護士費用などについてご納得いただける方のみご依頼をお受けしております。他県の方は電話相談となりますが、30分5400円となります。】)名古屋市中区丸の内1-14-24ライオンズビル第2丸の内204、桜橋東交差点付近 TEL.052-756-3955

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F




名古屋の不動産・労務・知的財産に強い顧問弁護士・中小企業の法律サポーター


名古屋の地域一番の相続屋さんを目指す遺産分割サポーター


新規起業を応援する弁護士・ドリームゲートアドバイザー 伊藤 勇人(ドリームゲート)

家族問題の法律サポーター

不倫慰謝料法律相談所

B型肝炎被害訴訟の給付金・医療過誤相談所

ハッピーリタイヤサポーター

LGBT トラブル解決サポーター

親子の面会交流相談所