離婚弁護士への相談を
ためらう理由はありません

HOME > 離婚時のお金に関すること > 財産分与 > 不動産取得に特有財産からの支出がある場合

 不動産取得にあたって、独身時代の貯金を頭金にした、親に頭金を出してもらった、相続財産で繰上返済をしたなどの主張がある場合、住宅ローンはどうなるのでしょうか。

 問題は、それでも、オーバーローンでマイナス500万円になっているような場合です。この場合、マンションに資産価値はありません。

 しかしオーバーローンの場合は、財産分与の対象から外されることになりますので精算もしないということになるはずですが公平とはいえず寄与度を考えるべきかもしれません。

 この点は、離婚調停や協議離婚でよく主張される点です。

 そこで、バランシングをとるといっても方法は限られそうです。例えば、特有財産による負担の全体に対する割合を特有財産による負担をした方の持分として共有とする方法が提唱されていますが、共有を解消するのが財産分与ですからパラドックスに陥っているように思われます。つまり、よく特有財産を返して欲しいという主張は寄与度としての考慮にはあたるのですが、一定の持分取得程度の話にしかならない、といわれ、積極的に金銭解決をするべきという学説は少ないようです。

 親の土地に家を建てるパターンも問題です。実際の解決方法としては売却するよりも、どちらかが不動産を引き受ける方が経済的に圧倒的有利になるケースが多いといえます。すなわち、夫の父親の土地に夫婦がローンで家を建てた場合、事実上夫が取得すれば土地と一体利用できますが、妻が取得した場合は土地利用権限がない場合は最悪取り壊し、ということになります。このように、利益状況が著しく異なる場合に、どのように利益調整を図るかはあまり意識されていませんが、難しい問題といえます。

離婚の無料相談申し込みへ




相談票を印刷し、ご記入いただいた上でお越しいただくと、ご相談がスムーズに進みます。

■無料相談はお気軽に
(月〜土、9時〜18時,日曜新規のみ13時~17時、土日祝日打合OK【対応は愛知、岐阜、三重のみとさせていただいております。当事務所では、それ以外の方のご依頼は、交通費や弁護士費用などについてご納得いただける方のみご依頼をお受けしております。他県の方は電話相談となりますが、30分5400円となります。】)名古屋市中区丸の内1-14-24ライオンズビル第2丸の内204、桜橋東交差点付近 TEL.052-756-3955

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F




名古屋の不動産・労務・知的財産に強い顧問弁護士・中小企業の法律サポーター


名古屋の地域一番の相続屋さんを目指す遺産分割サポーター


新規起業を応援する弁護士・ドリームゲートアドバイザー 伊藤 勇人(ドリームゲート)

家族問題の法律サポーター

不倫慰謝料法律相談所

B型肝炎被害訴訟の給付金・医療過誤相談所

ハッピーリタイヤサポーター

LGBT トラブル解決サポーター

親子の面会交流相談所