離婚弁護士への相談を
ためらう理由はありません

HOME > 離婚時のお金に関すること > 養育費について > どのようにして決めるの? 子どもの養育費の金額

子どもがいる夫婦で離婚を考えている方は、子どものことについても色々と決める必要があります。子どもに関する決め事には、養育費や親権、戸籍などがあります。ここでは、そのなかから養育費の概要、養育費の金額の決め方についてご紹介します。

まずは詳しく知ろう! 養育費について

養育費とは、未成年の子どもが生活をしていくために必要とする費用のことをいいます。いつまで支払うかは夫婦の取り決めによってさまざまですが、一般的には子どもが成人するまでとされています。養育費には、衣食住にかかる費用はもちろんのこと、学費や医療費、娯楽費なども含まれます。養育費の支払いは、親権を持つ親から持たない親へと支払われます。

離婚する夫婦のなかには、「子どもを引き取った方が金銭面も含め面倒をすべて見る」といった決まりにする方もいるかもしれません。しかし、そのような取り決めは法的には無効です。なぜなら、養育費をもらう権利は子どもにあり、親には養育費を支払う義務があるからです。仮に離婚した相手方が養育費の支払いを拒んだとしても、裁判所の強制執行により強制的に養育費を徴収することができます。また、親権者となった親が離婚した相手方に養育費を請求しなかった場合は、子どもが自分で養育費の請求をすることも可能です。

決まらないときに役立つ! 養育費の決め方

子どもの養育費について話に折り合いがつかないという夫婦もいます。そのような場合には、以下の方法で養育費の金額を決定することをおすすめします。

・養育費算定表
養育費算定表とは、夫婦の年収や子どもの人数や年齢に応じて標準的な養育費の金額を算出できる表のことです。こうした表は調停や裁判でも使用されているものなので、養育費の金額を決める際の目安にすることができます。理論的には,親の年収を割り出し,こどもの生活費を割り出し,こどもの生活費を按分で持ち合うというイメージと考えると良いと考えられます。

・調停や審判
どんなに話し合いを行っても決め事がなかなか決まらない場合は、裁判所で調停や審判を行うという方法もあります。調停は、裁判官が間に入って双方の話を聞くというもので、交渉しながら進めていきます。もしこの調停で話し合いが決裂してしまった場合は、審判と次の段階に移ります。審判では、調停と違って裁判官の職権で判断がなされます。このようにして、裁判所で養育費の金額を決めることも可能です。もっとも,結局,算定表どおりであったという例が多いですが,細かいことを言いすぎて,立て替え払いした1万、2万を譲歩できなくて,審判に移行するものと解されるようです。

離婚後に養育費の金額を変更することは可能?

「離婚をする際に決めたことは、後になって変更することができない」と、考えている方は少なくありません。しかし、内容によっては変更が認められるものもあります。例えば、養育費の金額がそのひとつです。

養育費を支払う側は、離婚時に決めた額を継続して支払い続けなければなりません。しかし、人によっては収入が減ってしまったり病気になってしまったりと、今まで通りに養育費を支払えなくなってしまう場合があります。そのような際は、夫婦でもう一度養育費を算定しなおし、養育費の額を減額することができます。しかし,最近公表されている裁判例は,「事情変更の原則」が,厳しく適用されるようになってきています。したがって,売上が半分に減ったり給与が100万円程度減っても減額が事情変更に該当しないとされたこともありました。

したがって,債務名義を作成する場合も,きちんと弁護士チェックを受けることをおすすめします。特に養育費を大盤振る舞いして,離婚してすぐに減額調停,というのはできません。たまにそういうどうしても離婚したかったからといって生活が成り立たない方のご相談もお受けします。お気持ちは察しますが,きちんと離婚時に向かい合うべきではないかと考えられます。

反対に離婚後、子どもにかかる金額が増えてしまった場合には、養育費を請求する側は増額を求めることが可能です。

このように、事情に応じて養育費の金額を変更することができるのです。

困ったときは名古屋ブレイブハート法律事務所への相談も

離婚のこと、子どものことについては夫婦で話し合って決めるのが一番です。しかし、話がまとまらない場合は法律事務所に依頼することもひとつの手です。名古屋市にあります名古屋ブレイブハート法律事務所では、養育費のこと、親権のことなど離婚時における子どもに関する相談を受け付けております。当事務所では離婚専門の弁護士が相談に対応いたしますので、依頼人一人ひとりに合った的確なアドバイス・提案をすることが可能です。名古屋ブレイブハート法律事務所の場合、1時間無料で離婚相談を行うことも可能です。ご相談だけでも大歓迎ですので、ぜひお気軽にご利用いただければと思います。名古屋市周辺で弁護士事務所をお探しなら、ぜひ名古屋ブレイブハート法律事務所へお越しください。当事務所は,婚姻費用や養育費について詳しい弁護士がおりますので,専門性ある法律相談が受けられます。

離婚の無料相談申し込みへ




相談票を印刷し、ご記入いただいた上でお越しいただくと、ご相談がスムーズに進みます。

■無料相談はお気軽に
(月〜土、9時〜18時,日曜新規のみ13時~17時、土日祝日打合OK【対応は愛知、岐阜、三重のみとさせていただいております。当事務所では、それ以外の方のご依頼は、交通費や弁護士費用などについてご納得いただける方のみご依頼をお受けしております。他県の方は電話相談となりますが、30分5400円となります。】)名古屋市中区丸の内1-14-24ライオンズビル第2丸の内204、桜橋東交差点付近 TEL.052-756-3955

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F




名古屋の不動産・労務・知的財産に強い顧問弁護士・中小企業の法律サポーター


名古屋の地域一番の相続屋さんを目指す遺産分割サポーター


新規起業を応援する弁護士・ドリームゲートアドバイザー 伊藤 勇人(ドリームゲート)

家族問題の法律サポーター

不倫慰謝料法律相談所

B型肝炎被害訴訟の給付金・医療過誤相談所

ハッピーリタイヤサポーター

LGBT トラブル解決サポーター

親子の面会交流相談所