離婚弁護士への相談を
ためらう理由はありません

HOME > 離婚時のお金に関すること > 生活費 > 母子家庭への公的手当

母子家庭となった場合、経済的な不安とはつきあっていかなくてはなりません。

 

しかし、経済的な不幸せがそれ自体、不幸せになるわけではありません。心の持ちようももち、働いたり、趣味を持ったり人とのつながり調和を持つことが離婚後は大事になります。

 

平均所得は約250万円程度といわれています。私の感覚では、フルタイムで働いているお母さんで250万円という年収の方がたくさんいらっしゃいます。

 

そこで、公的な給付がありますが申請制をとっていることがめずらしくありませんし、手続も面倒くさいところがあるかもしれません。

 

経済的支援の基本は国の児童扶養手当があります。また、名古屋市、愛知県にそれぞれ援助の手当が時限ながらあります。

 

また、医療費助成、所得税・住民税の軽減、ホームヘルパーの派遣、公営住宅の当選率の優遇などがあります。

 

こういっては何ですが、離婚後の住居は、もちろん就業場所に近いことも条件ですが、母子家庭に優しい市町村に住むのが良いといえるでしょう。

 

また、長年専業主婦だった方は、技能習得なども意識していく必要があります。こうした資金である「母子福祉資金」を貸し付けてくれる自治体もあります。

 

児童扶養手当は、満18歳までの子どもがいるひとり親仮定の生活の安定と自立の促進を目的とする国の制度です。

 

金額は、所得制限などがありますが、原則論を紹介すれば、1人目は4万1140円、2人では5000円加算、3人では更に3000円が加算されます。

 

また、都道府県がもうけている制度もあり、名称がよく似ていて紛らわしいですが、愛知県にも同趣旨の手当があります。

 

なお、「児童扶養手当」は主に母子家庭のためのものであって、「児童手当」とは趣旨が全く異なるものです。

離婚の無料相談申し込みへ




相談票を印刷し、ご記入いただいた上でお越しいただくと、ご相談がスムーズに進みます。

■無料相談はお気軽に
(月〜土、9時〜18時,日曜新規のみ13時~17時、土日祝日打合OK【対応は愛知、岐阜、三重のみとさせていただいております。当事務所では、それ以外の方のご依頼は、交通費や弁護士費用などについてご納得いただける方のみご依頼をお受けしております。他県の方は電話相談となりますが、30分5400円となります。】)名古屋市中区丸の内1-14-24ライオンズビル第2丸の内204、桜橋東交差点付近 TEL.052-756-3955

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F




名古屋の不動産・労務・知的財産に強い顧問弁護士・中小企業の法律サポーター


名古屋の地域一番の相続屋さんを目指す遺産分割サポーター


新規起業を応援する弁護士・ドリームゲートアドバイザー 伊藤 勇人(ドリームゲート)

家族問題の法律サポーター

不倫慰謝料法律相談所

B型肝炎被害訴訟の給付金・医療過誤相談所

ハッピーリタイヤサポーター

LGBT トラブル解決サポーター

親子の面会交流相談所