離婚弁護士への相談を
ためらう理由はありません

HOME > 離婚時のお金に関すること > 慰謝料 > 慰謝料を請求できるケース

慰謝料というのは、精神的に苦痛を与えてしまったので、それをなぐさめることに代えるお金のことです。

 

現在は「慰謝料」と書きますので謝るお金という意味ですが、正しくは「慰藉料」、つまりなぐさめに代えるお金という意味になっています。

 

慰藉料には2つあります。

 

① 不貞慰謝料・暴力慰藉料

例えば夫が浮気をしたり暴力を振るったりしたとしましょう。そうなると精神的につらい想いをさせてしまったということになります。その慰藉料です。

② 離婚慰謝料

離婚をするとゼッタイに慰藉料がもらえると思っている方もいますが、なぐさめに代えるものですから、お互い離婚して幸せになるのであれば、慰藉料は発生しません。

 

離婚慰謝料と不貞慰謝料は交錯しているので、簡単には分けられないのですが、一部は重なり同じ不法行為に基づく損害賠償請求権とされています。

 

裁判所ではどれほど意識されているか分かりませんが、離婚慰謝料というのは、婚姻関係が壊れてしまったことにより、例えば妻という立場を失ってしまった、あるいは離婚とい   うことでいろいろと精神的苦痛を受けた離婚自体に対する慰藉料という意味になります。

 

もっとも、後者の離婚慰謝料の場合は、話し合いの要素がたぶんにあるように思います。

 

③ 慰藉料を請求できるのは、代表例は浮気、暴力、飲酒・ギャンブル、セックスレス(一部の場合のみ)、悪意の遺棄(生活費を入れない、捨てられた等)の場合と考えられます。

先ほどの離婚慰謝料というのは、浮気が離婚にまで発展した場合に増額される部分と考えると良いと思います。例えば、通常の浮気であれば、100万円から200万円ですが、離婚に至れば200万円から300万円程度に増額されるというようなものと考えられます。

 

慰藉料というのは相場もありますが駆け引きの要素もかなりあります。ですから交渉のプロの弁護士に依頼する方も名古屋では離婚調停では多数派になっています。

例えば男性サイドからすれば、離婚期間が長引いてしまえば、婚姻費用の額が多くなってしまいますので、その点を考慮して慰藉料を定めることもあります。

 

また、有責配偶者からの離婚請求は、浮気側からは認められませんから、離婚慰謝料を増額する代わりに、離婚の合意をしてもらう、といったことが考えられるのです。

 

離婚の無料相談申し込みへ




相談票を印刷し、ご記入いただいた上でお越しいただくと、ご相談がスムーズに進みます。

■無料相談はお気軽に
(月〜土、9時〜18時,日曜新規のみ13時~17時、土日祝日打合OK【対応は愛知、岐阜、三重のみとさせていただいております。当事務所では、それ以外の方のご依頼は、交通費や弁護士費用などについてご納得いただける方のみご依頼をお受けしております。他県の方は電話相談となりますが、30分5400円となります。】)名古屋市中区丸の内1-14-24ライオンズビル第2丸の内204、桜橋東交差点付近 TEL.052-756-3955

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F




名古屋の不動産・労務・知的財産に強い顧問弁護士・中小企業の法律サポーター


名古屋の地域一番の相続屋さんを目指す遺産分割サポーター


新規起業を応援する弁護士・ドリームゲートアドバイザー 伊藤 勇人(ドリームゲート)

家族問題の法律サポーター

不倫慰謝料法律相談所

B型肝炎被害訴訟の給付金・医療過誤相談所

ハッピーリタイヤサポーター

LGBT トラブル解決サポーター

親子の面会交流相談所