離婚弁護士への相談を
ためらう理由はありません

HOME > 離婚時のお金に関すること > 慰謝料 > 夫の愛人に不貞の慰藉料請求することはできますか。

 不貞行為は離婚原因になっているくらいですから不貞行為を構成します。そして,慰藉料請求をすることができるものとされています。慰藉料請求をどのようにしたらよいか分からずお悩みの方はご相談ください。

 最判昭和54年3月30日は,一夫多妻制のように,両名が自然の愛情を生じたならば不貞行為は不法行為とならない,との主張を排斥し,「夫婦の一方の配偶者と肉体関係を持った第三者は,故意又は過失がある限り,・・・誘惑・・・自然の愛情・・・かどうかにかかわらず、他方の配偶者の被った精神上の苦痛を慰藉すべき義務がある」としています。

 もっとも,実は家族法学者は,不貞行為に慰藉料は発生しないという主張が,一種のドグマとなって主張されています。一種の政策論なのですが,理由としては自由恋愛であるのに,本当に愛し合っているのに第三者に対する不法行為になることがおかしい,あるいは,不貞の慰藉料請求により夫婦間の紛争性が高まることを懸念して,請求権を否定すべきという考え方が古くから主張されてきました。

 この主張は,最判平成8年3月26日に一部取り入れられ,婚姻関係の破綻後は慰藉料請求をすることができなくなりました。つまり,慰藉料請求をするのは,婚姻関係が破綻していない間の部分に限られますし,破綻後は時効の進行もすることになりますから,慰藉料請求を「しにくくする」仕組みを導入したといえます。

 このような判例があることから,不貞の慰藉料請求は迅速に解決することが望ましいといえます。

離婚の無料相談申し込みへ




相談票を印刷し、ご記入いただいた上でお越しいただくと、ご相談がスムーズに進みます。

■無料相談はお気軽に
(月〜土、9時〜18時,日曜新規のみ13時~17時、土日祝日打合OK【対応は愛知、岐阜、三重のみとさせていただいております。当事務所では、それ以外の方のご依頼は、交通費や弁護士費用などについてご納得いただける方のみご依頼をお受けしております。他県の方は電話相談となりますが、30分5400円となります。】)名古屋市中区丸の内1-14-24ライオンズビル第2丸の内204、桜橋東交差点付近 TEL.052-756-3955

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F




名古屋の不動産・労務・知的財産に強い顧問弁護士・中小企業の法律サポーター


名古屋の地域一番の相続屋さんを目指す遺産分割サポーター


新規起業を応援する弁護士・ドリームゲートアドバイザー 伊藤 勇人(ドリームゲート)

家族問題の法律サポーター

不倫慰謝料法律相談所

B型肝炎被害訴訟の給付金・医療過誤相談所

ハッピーリタイヤサポーター

LGBT トラブル解決サポーター

親子の面会交流相談所