親権・監護権

国際離婚をお考えの方と親権について

比較的争いが大きくなるのは、日本人妻と欧米人夫のケースではないかと思います。

特に、子どもの面会交流、親権の問題で、残念ながら争いが先鋭化している印象を持ちます。もちろん日本の方同士でも同じことかもしれませんが、欧米人の夫の場合ですとメンタリティが異なるところから「日本的手法」がかえって、火に油をそそいでしまったケースというのもあります。

ただし,彼らは弁護士を通じたフェアネスな交渉には,応じることもあるということです。当事者間では交渉継続が難しく交渉を打ち切った場合は,それだけでアンフェアといわれてしまうことがあります。

さて、日本では当たり前の単独親権は外国では当たり前ではありません。特に離婚後も共同親権が当たり前の国もあります。また、日本では母性優先ということがいわれ,現実に,特段問題が見当たらない母親に対して親権が与えられないケースは少ないという実態がこの母性の優先の存在を大きくみせているのだと感じます。

そして,日本では,離婚に向けて法的解決を目指す場合は,離婚に先だち母親が子どもを連れて別居をするということが多いといえます。別居に際して,夫の了解なしに子どもを連れ出すこと自体は違法視されることはありませんでしたが,これは日本法での理解であり,渉外離婚の場合はこうした日本的な離婚に向けた別居スタイルが,「誘拐」「略取」などといわれ,大きな紛争の引き金になることがあるわけです。

また,相手が外国人で,かつ,在留資格の変更から帰国を余儀なくされることもあるでしょう。そうなると,面会交流や転居など,国内離婚では普段扱わない問題が生じてくることになります。渉外離婚の場合は、共同親権をとっている国出身の人達は「暫定的」に親権者が,母に指定されただけ,と考える心理的傾向があります。そのため,いつまでも巻き込まれの危険が多いといえます。

渉外離婚は,国際裁判管轄の問題,離婚をどの国のルールで行うのか,相手が外国にいる場合の外国送達,海外での離婚裁判が必要な場合,その判決の承認・執行の問題,日本法における裁判が海外で承認・執行されるかという問題があります。

こうした問題は離婚の専門家にご相談いただくことをおすすめいたします。

親権に関するお悩み