親権・監護権

審判前の保全処分はほぼ役割を終えたか

子の引渡しをめぐる審判前の保全処分は東京高裁平成15年が情緒傷害がある場合を規範にしていましたが、その後東京高裁平成24年が数度の執行を考慮してやむを得ない場合という規範を定立していました。さらに東京高裁平成27年2月26日は条文をそのまま引用する形で、かなり表面的な審査にとどまっているようにみえます。

高裁では本案で争ってくれという意識が定着してきているようです。

親権に関するお悩み