親権・監護権

別居とこども

離婚の際には、両親のどちらかが親権者になるのかを決めなければなりません。これが協議離婚の条件です。 親権者の定めは、夫婦が協議して決めることです。そして、その際はこどもの利益を最も優先して考えなければなりません。 一般的には、一定年齢のこどもについてはこどもの意向を尊重する、乳幼児は母子優先、現状をできるだけ動かさない方が良いということになります。 したがって、最後は継続性の原則、あるいは、監護の安定性と呼ばれていますが、別居して、できるだけこどもと一緒に長く生活すると親権を取得できると考えているケースが多くあります。 しかし、上記のとおり一定年齢以上はこどもの意向も考慮されますし、乳幼児母子優先の原則というものもあります。 したがって、本来的には、こどもにとって、よく利益を考えてあげることが大事です。親が同居するため、こどもが転校をしなければならないケースがあります。 また、休まないといけないケースも配慮が必要です。 この場合はDVを除いて、別居先を近くに定めることも考えられます。 仕事の都合や、生活のためこどもを連れていけない場合は、将来親権者となることをあきらめないといけないケースもあります。 ある審判例では、子の願いは父母と一緒に暮らすことで、なるべく面会交流でその願いが実現するように定めなければならない、とされた例がありました。 鹿児島家裁では、月2回の面会交流も認められているようです。鹿児島家裁平成25年3月29日 当事務所の事例紹介 ・こどもの利益を優先して、夫婦関係を修復した例 ・こどもの利益を考えて、幼少期は隔週で監護することにした例 ・面会交流を月2回実施している例 ・面会交流を月1回宿泊付で実施している例 ・面会交流について月1回をベースに祭日などに宿泊付面会交流を認めている例 ・精神的に疲労しているためこどもを連れず別居して親権を取得できなかった例

親権に関するお悩み