親権・監護権

とりあえず親権を譲って取り返すことはできない

親権を譲るときは慎重な検討が必要

法律相談でご離婚を希望されている方のお話しをうかがっていると、早く離婚をしたいということで、子どもの引き取りを希望しているのに親権争いを避けたうえで離婚をして、さらに親権者を変更すれば良いと考えているというプランを説明される方がいます。

しかし、親権者を相手に譲ることは容易でも、原則として親権者の変更は認められていないというべきです。手続は存在しますが、現実には簡単に認められることはありません。

したがいまして、子どもの親権をとることを希望する場合は、時間をかけてでも徹底的に争うべきです。他方、早く離婚されて再婚を希望されるということもあるかもしれません。

最終的には当事者の意見が尊重されるべきですが、安易に親権を譲ると変更は難しいということは理解しておきましょう。親権に対するお悩みはシビアな紛争になりますので、弁護士に相談されることをおすすめいたします。

親権に関するお悩み