面会交流

名古屋駅ヒラソルのこどもが面会交流を拒否している事例①

 家庭裁判所が取り扱う面会交流の事件数は、増加の一途をたどっております。

子の拒否事例では、

 ①子の意思の把握

 ②評価

 ③考慮の方法が議論となりやすい

こどもは、過去に行動科学の領域で行われている先行研究では、特に子が年少の場合、子が他人の言動、特に監護親から影響を受けやすいことが指摘されています。

このため、子の意思を正確に把握することは特に困難なことと考えられています。

家裁調査官は、

 ①子の表明する意向を聴取

 ②父母面接等

 ③親子の関係性

 ④父母間の紛争状況

 ⑤子の紛争の認識

 ⑥子の発達状況

以上から、子の意思の形成過程や子の意思に影響を与えている背景要因を丁寧に理解する姿勢が求められる。

〇子の拒否事例

 ・面会交流の在り方は問題に

 ・子が面会交流を拒否していること自体は、直ちに拒否・制限事由にならない。

 ・面会交流実現困難の事情となる

〇調査官の調整活動

 ・子の拒否の程度

 ・背景要因

 ・行動科学の知見

 ・面会交流の在り方

 ・当事者の調整の方針

親権に関するお悩み