面会交流

乳児期の面会交流

名古屋の離婚弁護士のコラムです。

最近、乳児がいる方の面会交流に関与するケースがありました。具体的には3歳の子がいました。

さて、乳児期といっても、3歳のこどもでもケンカをしている程度の認識はやはりあります。

こどもは、大人が考える年齢以上のことを感じ取っています。

とりわけこどもは親の顔の表情から、心情を読み取っています。

特に、発語があり、おしゃべりができるようになると、こどもの成長と共に休息に親子の関係が築かれていきます。

さて、事例の多くは、こどもが0歳だったり、3歳だったりと、父母の同居期間が少なく家族としての基礎固めができていないケースが多いといえます。

特に、離婚を考えていたのに、断りきれずにこどもをもうけてしまったという例も多くの離婚相談を聴いていると多いようです。

この場合、医師や歯医者、弁護士、トヨタ系などインテリジェンスの高い人たちを中心に、まだ自分のことを分かっていないだろうから縁を切りたいというニーズもあるようです。

他方、主に母側も、離婚するのだし、記憶にない父親に会わせることなく縁を切りたいと考えている人が多いといえます。

この場合、こどもからの拒否はありませんが、主に母親側の心情によって拒否されます。

これは「ママがいい」という言葉に代表されるように、父親とは健康なアタッチメントが形成されず、分離不安による密着度などが影響していると、なかなか強固なディフェンスから面会交流ができないということもあります。

つまり、こどもの視点からみると、誰にだっこされているかもわからない、という状況も最初はあります。

こども、特に乳児はこどもといっても特殊です。時間のかかることだと理解して対応して、成長をアシストしていくことが大事といえます。

他方で、主に母親の側は通常甘受すべき行為と思われる面会交流の調整に関してのメールについて「ストーカー的行為」と受け取ることもあり、拒否感を強め葛藤を高めることもあります。

親権に関するお悩み