引き渡し・連れ去り

別居後にこどもを連れ去られたら

 この事務所のホームページでは、親権、面会交流、子の引渡しに関するカテゴリーが名古屋一、充実しております。「監護権」や「引渡し」で検索してもらうと、関連記事が表示されます。さて、こどもについてですが、連れて別居して面会交流をしていたら、こどもが帰ってこないという場合はどうするかです。

まずは、非監護親に返す意思があるかを確認

 なければ、直ちに警察と弁護士に相談します。警察が未成年者略取事件として対応してくれれば、警察がこどもを取り返してくれます。実際にそういう経験もありましたが、告訴状が必要の場合がありますので、こどもを連れ去られた場合は、法テラスなど審査や時間がかかるところのは相当ではありません。法テラスにこだわったため、親権を失った女性もいます。なるべく早く相談できる法律事務所で相談するべきです。

 そして、非監護親に返す意思がないことが分かったら弁護士に刑事告訴状を作ってもらい、こどもがいる地元の警察に告訴状を提出します。万が一のことがあったら大変だからです。緊急にこどもに保護する必要があることも疎明できると良いでしょう。

子の監護者指定、引渡し、審判前の保全処分

 一般的にどの弁護士でも、1日でも早い申立てが重要といわれています。法テラスや家事事件に詳しくない弁護士は子の監護者指定、引渡し、仮処分の経験がないことも多いので、離婚弁護士に早急に相談して、とにかく申立てを急ぐようにしましょう!当事務所は刑事事件も扱っておりますし迅速な対応ができます。

 

親権に関するお悩み