調停離婚・裁判離婚

愛知県弁護士会の紛争解決センターと離婚

愛知県弁護士会には、弁護士会が主催する紛争解決センターという調停機関があります。

あっせんと仲裁がありますが、仲裁は裁判と同じような拘束力を持つため、ほとんど「あっせん」が利用されています。

法務大臣から認証を受けているため、調停前置主義の代わりにもなり、離婚調停の代わりとして利用されることがあります。

もっとも、離婚調停が充実してきていますので弁護士会の紛争解決センターのメリットは、といわれると困りますが、やはり話し合いの見込みがあまりない場合で調停が流れそうな場合に簡易迅速に訴訟に移行できる、遠方の当事者に対する調停の申立といったことが考えられます。

離婚関係は、申立件数としてはあまり多くないといわれています(建築と医療関係が多い)が、離婚、親族関係調整も紛争解決センターで受け付けてもらえます。

日常生活で身近な問題だけれども離婚調停で取り上げるほどではない、特有財産の問題、感情的な対立が大きくて弁護士が調停委員になるか分からない離婚調停では不安、という場合、将来円満な親族関係を取り戻したい場合、調停委員はひとりの方が良い、という場合などに利用されていることがあると考えられます。また、財産分与が複雑で調停委員は弁護士が良いと希望する場合は、こちらを利用することも考えられます。

もっとも、離婚は調停を申し立てられる方が多いですので、その特色を踏まえて、裁判以外の紛争解決機関を使うと良いと考えられます。

離婚の手続き・流れに関するお悩み