調停離婚・裁判離婚

高額収入者の婚姻費用分担の離婚調停

名古屋市の離婚弁護士の情熱離婚相談コラムです。   さて、ご相談いただくケースの中では、標準算定方式であると高額所得者、特に個人事業主の人は収入認定に問題が生じると考えられます。   毎月20万円など、従業員を雇えるほどの支出を迫られる割に、家族に求められる癒し機能は面会交流も拒否され「ない」ということで、完全な無駄なお金という意識を持ってしまう場合があります。   高額な年収についてはその全額を生活費に充てているというのは稀です。   したがって、その収入のうち一定割合については、貯蓄等の資産形成に宛てられるはずであることからすれば、収入のうち、生活費に充てられる部分を割合的に算出した上で、基礎収入を算出し、婚姻費用を定めるということも考えられます。   婚姻費用と養育費争いに強い離婚弁護士なら名古屋駅ヒラソル法律事務所にご相談ください。

離婚の手続き・流れに関するお悩み