離婚後の生活や手続き

Hero or creator?

今回の休みはエチュード(補講)を申し込まなかったシュシュ。 連休に遊ぶ約束もしていたのだけど、学校が電話がかかってきてあえなくエチュード行きに。 いわく僕も含めて周りがフランス語を話さないハンディがあるからなのだそうです。 そんなシュシュ、クラスAにあまり馴染めていない様子。9月から始まったので2か月目ですかね。 そんなときは、群れない、つるまない、媚びない。余計なことはしない。自分の時間だと思うと良いよ。 そもそもインティマシーな関係すら唯一のハッピーとは限らない。日常のしがらみから離れて家でユーチューブで勉強するのも一つだよね。 クリエイティブや愛など他の可能性への広がりを見出すかもしれない。そういう機会は自分の心を耕すチャンスだね。 そういうチャンスを生かして、アール・ド・ヴィーヴィル(暮らしの芸術)としての、クレバーな生き方と静謐な環境のバランスがとれるんじゃないかな。まあクリエイティブなものはそういう時間も必要ということで、モンテーニュの「エセー(随想録)」もまたしかりかな。 大事なことは、内心を耕して、他人の考えではなくて、自分の考えで生きることだよね。意外と弱っているときだからこそできることかもしれないよ。そんなシュシュは、今日もエチュードで。でも、成績別クラスって、なんかなあ。っていうのは、やっぱりダメなんでしょうかね。シュシュは進学校に通っているので仕方ありませんが。

離婚の手続き・流れに関するお悩み