離婚後の生活や手続き

The revolution is not an apple that falls when it is ripe.You have to make it drop.

「レボリューションは、熟した林檎が木から落ちるのとは異なる。自らの手で木から振り落とさなければならない」ーそんなことをいった人がいたよ。 青人よ、不安は一生ついてくる影みたいなもの。光があれば影がある。眩しく輝けば闇もその分深くなるものだよ。 でも、僕らを不安にすることができる不幸は、確実にやってくる時期が特定できるものだけでしょ。だけどそうしたものはほとんど存在しないよね。なぜなら不幸はひょっとしたら起きるかもしれない程度のものがほとんどだからだよ。 昔、南禅寺の住職がいつも泣いている老婆をいさめたことがあるんだよ。晴れているときは、傘屋をやっている息子の商売が不安で泣いていたんだって。雨の日も泣いているからその理由を聞くと、草履屋をやっている息子の商売が不安で泣いていたんだって。住職は、心の持ちようが悪いと老婆をいさめたんだってよ。 シュシュよ。不安なときは、今の出来事を覚えておくことは可能だよ。だから重要な要所で自分が感じたことや考えたことを記憶しておくと不安はやわらいでいくね。すみなすものは心なりけり。要は心の持ちようだよ。仲間と一緒に毎日笑って記憶していれば、そこに仲間がいることを実感すれば不安は減るね。そして、決めたらレボリューション目指して、林檎を木から振り落とそう。

離婚の手続き・流れに関するお悩み