離婚後の生活や手続き

シュシュとの人生論・幸福論2

青人が、ブリュッセルのベルギー人が日本語を習いだしたらしい。学校でのシュシュの影響力?やったじゃん。 シュシュいわく「日本語習いだしたんだよ、私は、と私の、の違い質問された」とちょっと興奮気味のシュシュ。 シュシュは「めちゃ嬉しいよ。将来、日本語で話しができるかもしれないんだから」と。ベルギーで生まれて常にオリジンを問われるシュシュ。そして、日本語とフランス語のはざまのシュシュ。でもシュシュも日本語の文法覚えないとね~とちょっといじわるなことも。でも笑顔でスルー?。ベルギーで生まれてきて、人生の重みを背負って学校いっているシュシュ。フランス語、成績悪かったし先生も泣かしたしね。「シュシュはやればできる子なんですと」と良い先生持ったなあと。 フランス語と格闘してきたシュシュならではの感慨があるんだろうな。母国語を学び合えるってシュシュは素敵な仲間を持っているよね。将来は日本語教師かな??

離婚の手続き・流れに関するお悩み