離婚後の生活や手続き

シュシュとサイコメトラー

おいっこのハルくん(愛称シュシュ)が、サイコメトラーEIJIを読んでいた。続編のサイコメトラーも出ているが、結構、刺激的な内容なので・・・ この漫画は、おそらくアメリカのFBIの事件記録の一部やクライムなどへの取材に基づき構成されているのかな、と思います。 ですから、猟奇的な殺人などが多いのですが、弁護人もやる僕からすれば殺人に猟奇的なシリアルキラーというのは、日本ではほとんどいないかな・・・ それはときどきいますが、そんな猟奇的殺人をサイコメトラーという残留思念を読み問えるEIJIと志摩亮子警部補が解決していくというものです。 とはいうものの、「ねえ、おじさん、サイコメトラーって本当にいるの?」と聴かれて・・・「サンタさんっているの?」と同じむずかしさが・・・ たしかに歴史的にサイコメトラーはいたという記録はあるけど経験上は、霊感が強い程度の人をいうのではないかな、と思っていますので、「ええと・・・」言葉に詰まります。 シュシュ「分かっているよ、でも否定してしまったらそこから科学ははじまらないと思うんだ」と。 僕「そうだよね。僕はサイコメトラーだから」なんて会話がありました。 プロファイリングの活用をしなければならないほどのものって残留思念というか別として、広島、長崎、911のように負のオーラが強いときそれを感じることは僕もあります。 でも、そこから風景が見えたりするようなことはなく、また負のオーラの方が陽のオーラより刺激的なので、EIJIのようになんでもサイコメトリーできるというのは、少しどうかなあと思いました。うーんでも、いわゆる秩序型や無秩序型のシリアルキラーの場合、まだシュシュには早いんじゃないかな、と思いつつ、携帯でのマンガを頼まれると買ってあげてしまう僕なのでした。

離婚の手続き・流れに関するお悩み