離婚後の生活や手続き

シュシュとグリーンパーク。

僕は、あまりロンドンに興味がなくて、ビジネスの街というイメージ。 だから初めての訪問でした。 でもヒルトンパークレーンからは2つの大きな公園がロンドン市内ながらあります。 その脇に日本大使館領事部もあります。なんか「MANGA」って書いてある! ロンドンの公園って落ち着きます。それは、日本庭園のように何かを感じさせるでもなく、洋風のように作り込むでもなく、ただ芝生と桜があって・・・。 みんな昼寝している・・・。ここはもともときつね狩りを王室のメンバーがしていた郊外にあたるので、そのまま公園として残ったといわれています。 頭、からっぽで太陽みるの、っていいよね。 バッキンガム宮殿、衛兵の交代だ。 エリザベス女王が宮殿にいることを示す王室の旗が風になびいている。この後、安倍さんに会うんだもんね。 衛兵の交代。 このときばかりはロンドン中の観光客が全員くるんじゃないか、って思ってしまう。 衛兵の交代、結構迫力あります。衛兵さん大変そう。 シュシュ、女の子にグッドポジションをどうぞ、と譲り渡す。 こういうハルくん、シュシュ、「私のお気に入り」っていわれるんだろうな。 おかげで風車しないといけない人も出たんですが・・・。 ウェストミンスター寺院やビッグベンで移動。 なぜか、ロンドンの救命センターにある芝生で寝ている二人。 ハルくんの大好きなお寿司、食べに行きますか。 それにしてもロンドン。 東京もそうなんだろう・・・でもあえていわせてもらいたい。 パーティー多いなあ。みんな正装した人たちが夕方からあちらこちらに。 ヒルトンパークレーンでも、ハットと正装をした人たちであふれかえっている。 JCならぬEC?とか思ったりして。 日本人経営のお店に来るとほっとします。でも、最近の寿司屋ってSUKIYAKIもあるんだなあと。 インテリアデザインの勉強をしている日本人女性がアルバイト。みんな勉強。きっとシュシュだって刺激を受けている。 帰り際、シュシュには申し訳ないけど、9時半近い。王立芸術ソサエティが空いていると、みんな白ワインを手に商談をしている。 すごい熱気。 「HEY!君はどんな絵が好きなんだい」 ・・・「ランドスケープかな」「人物像わね。現代画も分からないんだ。ジャポニズムの影響を受けているのはある」と適当な受け流し。 まあ、みんな酔っているから。 ハルくんの情操によくないので、この辺で切り上げ。でも美術館でお酒のみながら語り合いってロンドンらしいというか、楽しいよね、きっと。 日本大使館の旗が下ろされている。 もう夜だ。グリーンパークも静寂に包まれている。 また、明日が来る。

離婚の手続き・流れに関するお悩み