離婚後の生活や手続き

保育園の実情―ブログをめぐって

最近、保育園に落ちてしまった方の率直な怒りブログが話題をよんでいるようです。 たしかに措辞不適切ではありますが、怒りはそれに見合った表現でなければ伝わらないこともあります。 都心部と名古屋市周辺では事情は異なるかもしれません。 しかし、産経新聞の報道によると、 「過熱する保活を乗り切るには、子供を保育所に入れるために辛い選択を迫られる親も多いのが現状だ。確実に入園を狙う場合、産後1年間認められている育児休業を途中で切り上げ、比較的定員の枠が大きい「0歳児」から入れるケースが「鉄則」とされるからだ。1歳児クラスの場合、0歳児から進級する子供がいるため、仮に定員が「12」とあっても、実際に募集がかかるのはほんの数名だけということが少なくない。」 というのが大都市の実情のようです。 明晰にいうと、0歳児保育からの方が保育園に入りやすいというルールがあるようです。 たしかに0歳児は自動的に進級するので1歳児での募集が少なくなってしまうのは仕方ないことかもしれません。 保育園との関係で、育児休業と保育園との関係を解消しなければ問題解決にならないと考えられます。 もっとも、地域の実情によって待機児童ゼロという地域もあり、そういう地域を選んで衛星都市に居住している人もいるので、人気の保育園はいっぱいいっぱいになってしまう、ということはあるかもしれません。かといって、保育園は、現在は公立での新設はあまりなく社会福祉法人などへの移行が進んでいますから、供給数は減少気味になるのではないかと考えられます。 ですから、需要と供給がマッチしていても、地域のミスマッチが生じえる場合もあり得ます。 そうしたことから考えると別居先などの待機児童問題などについても調べておいた方が良いと考えられます。

離婚の手続き・流れに関するお悩み