離婚後の生活や手続き

ヘンリーソローと森

さて、先に紹介したアメリカの自然哲学者ヘンリーソロー。 彼は、マサチューセッツ州コンコードの森で過ごしましたが、それは、丹念に行きたかったからといいます。 生活の本質的な事実のみと向かい合い、生活が教えてくれるものを自分が学べるかを確かめるためといいます。 彼は、雨についてその音と交流するといいます。 雨はやさしくて慈悲にあふれていた交流を感じるといいます。言葉では説明できない自然への親しみを感じられると論じています。 また、ボストンでは、今、桜が満開でしたが、どの季節もそれがめぐってきたときは最高のように思えます。とりわけ春の訪れは、混沌から綺麗な黄金時代の到来のように思えると。 彼は、最晩年まで莫大な原稿を書き続けたそうです。

離婚の手続き・流れに関するお悩み