ブログ

浮気関係の証拠

 浮気は「不貞行為」となり、不法行為となるだけではなく、離婚原因となります。  浮気の大半は携帯電話のメールから発覚しますので、メールをみたり、ガードがかたくても古い携帯電話のメールをみるということもあります。  携帯電話を肌身離さず、携帯電話を持ち歩くことになることが、相手方に浮気を疑わせるきっかけになることが多いといえます。  また、浮気相手の名前であるとか、メールアドレスもデジカメで撮影しておきます。  さらに、パソコンのメールの削除メールの中に残っていることもあります。  これ以外に手帳、手紙、レシート、クレジットカードも証拠になると考えられます。  このように、浮気の証拠としてはいろいろなものがあるものの、証拠としての力が強いものと弱いものがあります。  その際は、弁護士にご相談されると良いでしょう。