ブログ

お客様の声の追加

お客様の追加

 先生が弁論していただいている途中から感動と感激の念がいりみだれることになりました。

 涙があふれてきて止まりませんでした。相手方弁護士よりも、周到に弁論してくださり、私が裁判官さん(調停委員)に伝えたかった以上のことまで、まずもって文書にまとめて何と御礼と申し上げてよいのか最良の言葉がみつかりません。あんなにも流暢に弁護していただけたので、どのような判決でも受け入れられるだけ気持ちが落ち着いたのと、これまで以上に素直な気持ちになれたような気がします。