ブログ

離婚を考える前に検討してみよう! 別居について

夫婦のなかには、相手のことが嫌になり離婚を考えている方もいるのではないでしょうか。離婚案件を専門的に扱っている名古屋駅ヒラソル法律事務所にも、そうした問題について数多くの相談が寄せられています。ただ、このときすぐに離婚するのではなく、一度別居を行うことも一つの方法です。 以下では、その理由や別居を行うときのポイントなどについてご紹介します。

別居をするメリットとは?

別居のメリットとしては、冷静になって離婚を考えることができるという点があります。結婚する前に内縁が先行するように、離婚する前に別居が先行するのは自然の摂理といっても良いのではないかと思います。 夫婦によっては、お互いの前では感情的になってしまい、相手の言い分を聞くことができないということもあります。そのような場合、一緒にいても離婚の話は進みません。ですから一度離れ、改めて離婚について検討する時間を設けることが大切です。もちろん、離れてみても「離婚したいという意思は変わらない」という場合もありますが、人によっては「感情的になっていただけ」という場合もあります。別居は、そうした感情に任せた離婚を防ぐことに有効です。もっとも、修復に向けて動く場合は夫婦での弁護士に同席での仲裁を依頼したり、離婚カウンセリングを受けるということもあるかと思います。 また、別居することで離婚後の生活をイメージすることができます。まずは別居した場合は婚姻費用をもらいながら簡単な仕事につかれる女性が多いといえます。 離婚後は他人同士になるため、相手を頼ることは難しくなります。しかし、別居なら夫婦関係を続けたまま、一人で生活していけるかどうかを判断することができます。ほかにも、DVを受けている場合には、別居することでその被害から逃れることができます。 このように、別居にはさまざまなメリットがあるのです。

別居を行うときのポイント

別居する際、後になってトラブルにならないよう事前に行っておくべきことがいくつかあります。まず、別居について相手と話しておくことです。離婚を考えているといっても、夫婦である限り同居義務があります。そのため、勝手に出ていくと夫婦の義務を放棄したとみなされてしまいます。こうなると離婚の話を進める際に不利になってしまうので、別居は相手と合意の上で行うようにしましょう。特に、別居時に緊張状態が高まり、時に暴力は別居時に生じることもあります。最近は別居前後のアドバイスも弁護士が行っています。 次に、生活費の請求について考えておくことです。たとえ別居していたとしても、夫婦には生活費を分担する義務があります。そのため妻が専業主婦であったり、パートなどで収入が少なかったりという場合、夫から妻へ生活費を支払わなければなりません。上記のようなケースに該当する場合は、離婚前に生活費の分担に関する話し合いをしておくことが大切です。

家庭内別居を行うときの注意点

「別居したいけれど行くあてがない」という方のなかには、家庭内別居を考える方もいるかもしれません。その場合、注意しておくべき点があります。 ・露骨に相手を嫌うような態度はしない このような態度をとると、話し合いによる解決が余計に難しくなります。また、子どもがいる家庭の場合、子どもに大きな悪影響を与えてしまいます。 ・話し合いの機会を設ける 自分の気持ちを伝え、相手の気持ちを知ることにより、円満な解決へ一歩近づくことができます。 ・あまり長引かせないようにする 結論はできるだけ早く出すようにしましょう。家庭内別居を長引かせてしまうとお互いにとってストレスとなるだけでなく、次のステップに進むこともできません。 これらの点に注意しておくことで、離婚について冷静に考える時間を設けることができます。お互いが冷静になれば、必要以上に相手を傷つける心配もありません。 私は、「離婚する以上はいつまでも同居しているわけにはいきませんよ」といっています。たしかに離婚して同居している人はいませんから別居はステップの一つです。

トラブルに発展したら名古屋駅ヒラソル法律事務所へ

別居を行うにあたりトラブルになってしまった場合は、弁護士へご相談ください。弁護士に依頼することで法的トラブルを解決することが可能で、事を大きく荒立てないようにすることもできます。 弁護士のなかには、名古屋駅ヒラソル法律事務所のように離婚案件を専門に扱っている法律事務所があります。こうした事務所なら、抱えている問題を短期間で解決することが可能です。 名古屋駅ヒラソル法律事務所は、女性や初めての方でも相談しやすい環境を整えているため気負わずご来所いただけます。また、費用も明確に示しますので、知らないうちに費用が高額になることもありません。依頼者様に寄り添った対応を心がけておりますので、お悩みの方は名古屋駅ヒラソル法律事務所までお越しください。

別居は感情的にならずに

「どうしても相手と一緒にいたくない」そんな思いから別居に踏み出す方もいます。ただ、感情に任せて家を出てしまってはいけません。また、こどもがいる場合はまずこどものことを第一に考えてもらう必要があります。後になって後悔しないためにも、別居する前に相手から同意を得る、生活費の請求について話し合っておくなど必要な手順を一つひとつ踏んでいくようにしましょう。 一人で悩んでしまったときは、名古屋駅ヒラソル法律事務所のようにお力になれる場所もありますので、抱え込まず相談することが大切です。