ブログ

名古屋市での国際家事ADR・子の奪い合い、面会交流ならヒラソル

名古屋市の離婚専門弁護士ヒラソルによる国際家事ADRの利用が愛知県でもスタート!

 名古屋の離婚専門弁護士のコラムです。  さて、平成26年4月1日、国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約(ハーグ条約)が発効してハーグ条約実施法という国内法が制定されました。  ハーグ条約は、裁判手続によるアウトゴーイングのこどもの返還とともに外務省が当事者の任意の話し合いによる解決促進のため必要な措置を行うこととして、あっ旋事業が行われるkとになりました。  ハーグ条約は裁判所が東京家裁と大阪家裁しか申し立てることができないこともあり、愛知県弁護士会での仲裁機関である紛争解決センターでの国際家事ADRの実施は地理的にも便宜なものといえます。  外国在住により、出席が困難な場合は、あっせん人が相当と認める場合は、インターネットテレビ会議システム(スカイプ)や電話による参加もできることになります。  愛知県弁護士会の紛争解決センターによる国際家事ADRは、申立手数料、成立手数料、通訳・翻訳手数料が原則として外務省の委託費によって支払われるので、当事者の負担はありません。  しかし、援助の対象は、子の返還・面会交流のみとなっております。

名古屋駅ヒラソル法律事務所と国際家事ADR

 当事務所ではご依頼の際に手続選別を行っておりますが、国際間ADRについては、葛藤が高いものは裁判所、そうでないものは紛争解決センター国際家事ADRを利用するという遠別をしております。  新たな取り組みとなりますが、弁護士の戦術が増えることにより、よりよい離婚やチルドレンファーストが実現できるものと考えられます。  なお事案の性質上、外国人の方の依頼は通訳が必要となりますので、ご承知おきください。会話レベルと訴訟レベルの英語は質が異なることで、ディスコミュニケーションが生じることを避けるためです。  

60分無料離婚相談・離婚相談所事務所情報

弁護士事務所名 名古屋駅ヒラソル法律事務所
所在地 愛知県名古屋市中区丸の内1-14-24 ライオンズビル第2丸の内204号
弁護士 服部弁護士,小出 和之、その他法務事務局3名
電話 052-253-8775,6時から8時までの時間外新規予約070-5333-8775

大きな地図で見る