財産分与

妻が家計を管理していたが、貯金があるはずとの主張は?

名古屋の離婚弁護士の服部です。

よく「妻が家計を管理していたが、夫の収入からすれば、当然預金が出来ていたはずである」という主張は法律相談でもうかがいます。

この場合は、取引履歴を取り寄せるのが一番でしょう。預金があるというのであれば、どの金融機関の預金であるかを主張しなければなりません。

金融機関が特定できるのであれば、必要な資料を提出し、弁護士会照会や調査嘱託を行うことが必要です。

以前、調べたら、30万円から100万円が、ぽんぽんと引き出されている事例がありましたが、こうした場合でもどの金融機関に預金があるかの主張立証が必要です。

そして、使われてしまっていた・・・というケースもよくあります。離婚時において対象財産がないのであれば、財産分与はできないこととなります。

お金に関するお悩み