財産分与

財産分与の基準時

財産分与の基準時については、裁判時と考えるのが一般的です。ですから,別居後も資産が減少した場合はそれを前提に分与せざるを得ない場合があります。

特に、土地、株式など、夫婦の協力とは無関係に価額が変動するものについては、裁判時とするのが妥当のように思われます。

精算割合は、2分の1ずつとするのが原則ですが寄与度による例外もあります。寄与度が明確でない場合は平等と推定されてしまいますので,納得がいかない方は弁護士に相談されることをおすすめします。

専業主婦でも2分の1とするものもあり、裁判実務は2分の1を原則として運用されています。特に一方が特別の資格・技能を有しており財産形成に大きな役割を果たしている場合には、修正が認められる可能性がある場合があります。

お金に関するお悩み