財産分与

離婚したのですが、財産分与の申立はできますか。

はいできます。

ただし、2年を経過したときは時効になってしまいますので、財産分与請求をすることができなくなってしまいますので、注意してください。

財産分与は夫婦共同財産の清算にあります。

ですから、相手方が責任があるということは求められていません。

そこで、慰藉料請求権とは意味が違います。

こうした点が、財産分与請求権=離婚後2年という制限につながっています。

財産分与請求の時効が迫っておられる方は、法律家による手続の方が間違いがありません。

まずは当事務所にご相談ください。

お金に関するお悩み