財産分与

離婚と住居について

離婚にあたっては、離婚後の住居をどうすればよいのか決める必要があります。

多くは、実家に帰る、現在の家に住み続ける、新しく引っ越すということを決める必要があります。

様々な事情によりますが、いずれが多いとまではいえないというところでしょうか。

思い出のある家に住み続けるといった心持ちの問題もありますが、住宅ローンが残っている場合、財産分与の内容によっては、残りのローンをいずれかが支払う必要があるかもしれません。

夫婦の関係によっては、有償で又は無償で借り受けるということをいう人もいますが、まず小さなこどもがいない限り無理でしょう。

住宅ローンが残っている場合は、不動産の時価から、別居時の住宅ローンの後、代わりにローンを支払っている場合などは、別居後の債務残高の減少に対する寄与の割合が考慮されます。

お金に関するお悩み