養育費

元妻が再婚した場合の養育費は減額できますか

再婚後は養育費の支払いを減らせますか。

結論からいうと減額できる可能性が高いといえます。

再婚をして、再婚相手が子どもを養子縁組をしているかどうかを確認する必要があるといえます。

原則としては、父母には扶養義務があるわけですから、再婚してもしなくても養育費は支払う必要があります。

しかし、いわゆる連れ子として養子縁組をしている場合には、再婚相手と子どもは親子関係が生じるということになります。

そうなるとどういうことになりますと,理論的には,親が3名いるという扱いになります。そして,子の生活費を3名で分担するという理論的構造になります。

ですから結論的には減額できる可能性が高いといえると考えられます。養親が一時的な扶養義務を負うと解されるという見解もありますから減額が認められる可能性もあります。

問題は養子縁組をしていない場合です。この点、現実的には養子縁組をしていない場合は、養育費の減額が得られる確率は低いと考えます。もっとも,再婚相手が実質的に,再婚することにより、収入が増えると解する余地があり、それによって住む環境、仕事、収入などの経済的事情が変わったと評価できるかが問題とされると考えられます。

しかし,これらのことは再婚や養子とは関係なく経済的事情の変化は生じ得ることですから,なかなか事情が変わったといえるほどの特別の経済事情の変化が必要と考えられます。

養育費に強い弁護士にご相談をご希望の方は是非ご相談ください。

お金に関するお悩み