養育費

子どもの教育資金・養育費

子どもが教育資金・養育費

子どもの教育資金は、気が遠くなるほど高額です。私学であれば400万円はかかるといえます。ですから奨学金の利用を検討することも一つといえます。
独立行政法人日本学生支援機構の奨学金の利用です。第1種であれば無利子でお金が借りられます。奨学金は、借りた人は返済していかなくてはいけませんし、就職が決まらないと国民年金の支払いとともに、大変な想いをされることもあります。

また、父親からの援助が得られない場合は、個人的にはあまりおすすめではありませんが、新聞奨学生という選択肢もあります。新聞奨学生の場合は卒業後返済の必要はないことがメリットですが、なかなか彼らの話を聴いていると、日々は大変そうです。

お金に関するお悩み