生活費

婚姻費用(生活費)も審判前の保全処分

 審判前の保全処分といえば、子どもの引き渡しというイメージが強いですが、緊急に生活費を支払ってもらえないと困っちゃう!という場合は、婚姻費用についても審判前の保全処分の申立ができます。

 以前は、審判前の保全処分を申し立てるために、わざわざ調停ではなく審判を申し立てるというケースもありましたが、家事事件手続法の規定で、調停でも審判前の保全処分の申立をすることができるようになりました。

 昔は、調停前の措置を行うことができたので、これを利用する例がありましたが、現在は審判前の保全処分もできるとのことです。

 家事事件手続法105情に家事審判事項について家事調停の申立てがあった場合については、その家事調停の申立があった場合にあたっては、その家事調停事件が係属する家庭裁判所で行うので、調停係で審判前の保全処分を行うということに理論的にはなると考えられます。

 婚姻費用の審判前の保全処分でお悩みの方は弁護士にまでご相談ください。

お金に関するお悩み