生活費

財産分与で学資保険を取得して名義変更はできますか。

学資保険と名義変更

学資保険については、夫婦の財産ということで財産分与の対象となりますから,解約して解約返戻金を分割するということが一般的かもしれません。
 しかしながら,子どもがいる以上,学資は必要ということで、学資保険を解約しないパターンというのもあります。

 第一に夫が契約者のまま、という場合です。この点、夫側としては保険料は養育費として考えるということになるので,養育費との合算が認められなければ,応じられないというケースもあるでしょう。

 もっとも,基本的には契約者イコール受取人であるので、満期保険金などを妻が取得できないということがあります。

 そのような心配をいうのであれば、契約者を夫から妻に変更する必要があるということになります。実務上でも、学資は必要なので、妻名義にして継続するというケースが珍しくありません。

 この点、契約者変更にはほとんど審査はありません。離婚により妻に名義を換えておけば、満期保険金を渡してくれない、保険料の滞納というようなことも起こりません。もっとも,解約返戻金の半分は妻が夫に返す必要があると考えられます。

 学資保険については、契約からの期間が短い場合、どうしても当面の生活費が必要で費用負担ができないという場合は、解約することが妥当という場合もあります。

 弁護士にご相談をご希望の方は是非ご相談ください。

 

お金に関するお悩み